戸建に住んで感じたメリットデメリット4項目

集合住宅からマイホームの戸建に移った生活環境の変化で音の問題が無くなり、呼ばれざるものへの心配が増えました。

戸建に住んでの私なりのメリットデメリットをお話します。

 

スポンサーリンク

戸建に住んで感じたメリットデメリット

騒音

子供が子供らしくあればあるほど、気になってしまう我が家が出す騒音。文句を言われたことはないけど、階下の人に嫌な思いをさせているんじゃないだろうかという心配が常にありました。

マイホームの戸建へ引っ越したことで、そこから解放されたのは純粋に嬉しいです。「静かにして」と注意される子供も辛かったと思います。

親子共にストレスから解放されました。

 

地域にもよると思いますが、住宅地と呼ばれるところは特に夜間は静かなところが多いです。少々お隣さんとの距離は近くても、集合住宅のようにくっついているわけではないので、音や気配が気になりにくいです。

本当に夜、ぐっすり眠れます。泥棒が入っても気づかないんじゃないかというぐらいです。

 

防犯

その防犯対策が戸建ならではの心配な点の一つ。集合住宅のようにオートロックがある訳ではないですし、ご近所さんに囲われているわけではないので異変に気づきにくいですね。

何だかんだありますが、顔見知りの通行が多い集合住宅はそれだけで安心感もあることに戸建に越してから知りました。その心配もあって、用もなく在宅中の家族へ連絡することが増えました。

しょっちゅう「心配だから」と言うわけにもいかないので雑談するのですが、以前より近所付き合いという意味でもコミュニケーションが増えたという悪くない結果になっています。

 

またマイホーム購入の失敗と言うには大袈裟と思われるかもしれませんが、虫の侵入が気になります。恥ずかしながら私はとても虫が苦手です。今までの賃貸での住宅選びの基準はとにかく高いところ。

暑い季節になり、あの黒い嫌なやつが出たらどうしようと心配しています。子供たちに何とかしてもらおうかなんて考えてしまいます。

また春になったら、虫除けにハーブを植える予定です。

 

寒さ

また冬にやってくる寒気が気になりました。正直、今までより寒く感じました。

集合住宅は各部屋皆で暖め合ってるんですね。聞いてはいましたが、改めて思い知りました。

特に風呂場が辛い。冬に風呂に入るときは、風呂場を開けて少しでも暖房の風を入れて暖めてから、間を空けずに順番に入るようになりました。

チームワークが良くなった気もしますが、最も寒い一番の役は私です。

 

メリットデメリットを踏まえ現在の戸建生活に満足

子供を叱る私の怒鳴り声は道路まで聞こえているかもしれないし、家の中が騒々しいのは変わらないのですが、悪くない環境で過ごせているのは間違いないです。

 

ただ本音を言うと、もう少し予算があったら、ここに挙げた気になる点をもう少しフォローしたかったなとも思います。その分、家族で戸建生活を何とかしている感じですね。

神奈川県T様