【重要】新築住宅の保証と保証内容&受け取るべき書類関係

新築住宅の保証には次のようなものがあります。

  • 住宅保証機構
  • 日本住宅保証検査機構
  • 地盤保証
  • 短期保証基準

これらの保証について簡単に説明させて頂きます。

 

スポンサーリンク

住宅保証機構・日本住宅保証検査機構

この住宅保証機構や日本住宅保証検査機構の保証書とは保険付き保証です。

10年保証って聞いたことがあると思いますが、皆さんが良く勘違いされているのが何でも10年間保証してくれると思っている人が多いですが、保証部分は、

  • 基礎
  • 構造躯体
  • 屋根や外壁の雨漏り

その保証の担保として保険が掛けられています。

何故かといいますと補修費が高額すぎて売主が修繕出来ない又は売主業者が倒産してしまった場合の為に保険がおりるようになっているのです。

建売住宅の保証期間は10年。結局誰が保証してくれるのか?

2017.05.10

この保証保険を発行するにあたって、保証する機構は

  1. 基礎配筋時
  2. 基礎完成時
  3. 躯体構造部分
  4. 防水工事時

にそれぞれ検査に来て写真を撮りチェック表も作成していますので、そのチェック表も一緒に貰ってくださいね。

 

地盤保証

そして建物だけでなく地盤も保証してくれる業者が良いです。

地盤保証は、地盤調査書、そして地盤の地耐力が足りなかった場合地盤改良工事をしているので、地盤改良工事報告書も発行されます。

そして調査書だけでなく地盤保険付き保証書が発行されれば尚良いのですがしてくれる業者としない業者があるのであらかじめ聞いてくださいね。

 

スポンサーリンク

短期保証基準

建売の保証は10年保証だけでなく短期保証基準というのがありまして、壁のクロスや土間のクラック(ヒビ)その他2年間は保証又は補修しますという、短期保証基準が有ります。

これも、発行してくれる業者としない業者がありますがその一覧も貰った方が良いです。

 

その他の重要書類

その他引き渡し時に貰っておいた方が良いものとして、

  • 建築確認申請書
  • 中間検査完了検査の合格書

構造計算されていない2階建て住宅の場合は建築確認申請の中に間取り図面があり耐力壁(リフォームなどで取ってはいけない壁)の記載もあります。

構造計算されている住宅は、耐力壁や構造部分の柱が記載されている伏図(ふせず)がありますので確認しておいてください。

 

そして、

  • 白蟻防蟻工事の保証書と施工写真

 

スポンサーリンク

新築住宅の保証書&重要書類まとめ

新築住宅引き渡し時に受け取るべき重要書類のまとめとしまして、

  1. 地盤保険付き保証書
  2. 地盤調査書
  3. 地盤改良工事報告書
  4. 保証機構の保険付き保証書
  5. 施工検査写真
  6. 短期保証基準書
  7. 中間検査合格書
  8. 完了検査合格書
  9. 耐力壁等の構造図面
  10. 防蟻工事保証書

これらが揃っているか購入又は建てる前にしっかりと確認して下さい。

奈良県・不動産会社I様





スポンサーリンク