不動産仲介営業マンの態度が人として信頼できなかった・・・

2013年に、駅から4分の新築一戸建てを購入しました。妻の実家から近く、大通りから中に入っており、公園も近いため、少し高く感じましたが契約の意思を固めました。

当初4000万円前半でしたが、最終1棟であることやゴミ置き場に隣接していることから、建売扱いを自由設計扱いにして間取り変更もしてくれ、価格も3900万円にしてくれました。

また、仲介業者の営業の方も親切にお話をしてくれたのもあり、その時は納得して契約しました。

 

スポンサーリンク

同業の私が出会った「ヒドイ不動産仲介営業マン」

私も同業者でありましたが、担当仲介営業の人柄を信用して、契約することにしました。

契約後、初めての間取りの打ち合わせ当日の朝、10時に指定の事務所に行きました。誰もおらず、電気もついておらず、鍵もかかっている状態でした。

 

お客様へ逆ぎれ

インターホンを押すと、どうやら忘れていたようで、慌てて出てきました。

たまにはこんなこともあるのかな、とその時は我慢して帰りましたが、そんなことが、二回、三回と続き、担当仲介営業の方に伝えると、「僕は戸建てを買ったことがないのでよくわからないんですが、自由設計にしてあげてるんだから、我慢して下さい」と逆ぎれをされました。

自由設計の一戸建てを私も売っていたこともあり、その時はお客様は神様だと上司に教育されておりましたので、このような対応はないよな、と妻と話をしましたが、手付金も支払い済みでしたし、後戻りはしたくなかったので、そのまま我慢して打ち合わせを終えました。

 

軽い対応

いよいよ地鎮祭が翌週に迎える日、担当仲介営業より、地鎮祭は聞いてないので、テントなど地鎮祭の道具は用意できませんけどいいですか?と電話がありました。

売主の担当者には1ヵ月以上も前に伝えており納得できなかったので、必ず用意してもらうように話をして、当日は、仲介担当営業ではなく、仲介会社の社長が出席してくれることになりました。

地鎮祭は滞りなく完了し、引き渡しを残すところで、現金が足りないから入金してくれないか、と仲介担当営業からメールが…。

手付金は諸費用に充当、住宅ローンで他のお金は足りるとの話でしたし、オプション費用は諸費用の余ったお金で充当して対応するとの話でしたので、おかしいと思い確認してみると、オプション費用を差し引いても、足りないどころか数十万円が返金することが確認できました。

仲介担当営業にそのまま聞いてみると、間違えました(笑)と軽い感じで返事が…。

いくら同業者でも、こちらは一生に数回あるかないかの大きな買い物をする客の立場なのに、明らかに軽く考えている仲介担当営業に呆れて何も言えませんでした。

引き渡し後、年に一度カレンダーを届けてくれているようですが、会いたくないため、未だに居留守を使ってます。

 

不動産営業マンとの付き合い方は重要

家を買うということは、人生において大きな決断が必要です。

  • お客の立場に立てる営業の方に担当してもらうことは本当に大事なこと
  • 営業の方には言いたいことはきちんと伝えておかないとストレスが溜まるだけ
  • 言いたいことをきちんと伝えられる関係を築くことが大切

そんなことを痛感させられたマイホーム購入体験となりました。

東京都K様





スポンサーリンク