建築中の建売住宅購入のメリットについて


私は以前、不動産営業マンをしていました。

建売を主に販売をしておりましたが、検討されているお客様にちょっとした豆情報をお伝えしましょう。

現在マイホーム購入者の意識は分譲地の建売に向いている傾向があります。

色々と検討するのが面倒くさい、考えなくても見て気にいればそれで良い、場所さえ良ければ建物はそこまでこだわらない。

等、私個人が作成したアンケート調査で頂いた回答があります。

でもでも、この建売ですが、少しぐらい自分の好きにしたい所があっても良くないですか?

そんな気持ちがある方に、セミオーダー気分を味わえる買い方がありますよ!

よく有る事だと思いますが、お客様から喜ばれた事なのでお伝えさせて頂きます。

建築前・建築中の建売を契約するメリット

建売というのは既に外壁やキッチン、お風呂、トイレ、フローリング等すべて建築会社が決めた上で建築に移ります。

ですから全体のイメージ図はできています。各資料で大体のイメージをつかめるのです。

さて、セミオーダー気分を味わうためには、まず建築前もしくは建築途中で契約すると良いのです。

大体の全体像のイメージができている中で、キッチンやトイレ、お風呂などは変更が難しいかもしれませんが、クロスを選びたい、この部屋を和室にして欲しいとか、浴室乾燥機を付けて欲しい等、融通を利いてくれる部分が色々とあります。

もちろん購入費が上乗せになる場合や、引き渡しが長引く等有りますが、少しでもワクワク感がでます。

建築中の建売住宅購入は自分の要望を取り込める可能性あり

この建売セミオーダーの購入の仕方が、私は一番無難で少し面白い買い方だと思います。

どうしてもこの土地に欲しい、建売でいいから欲しい、でもまだ建築前の基礎だけの状態、まだ建築中の場合は考え方を変えて検討してみては?。

これから先、長く生活していくマイホームです。少しでも自分で決められるのは面白いと思いますよ!

このようなケースは最近よくある事です。

「完成したら一度内覧して検討しよう」では契約が決まっていることも多々あります。

欲しい場所に完成前の物件があったら早めのお問合せをお勧めいたします。

静岡県A様


【類似体験談】建築中の建売住宅を購入し軽微変更でオリジナリティを実現

建売住宅は設備の選択肢が無いと思われがちですが、申し入れの時期によっては変更が間に合うこともあります。

当初注文住宅を検討していましたが、希望の土地がなかなか見つからず、建売住宅も検討し始めた頃です。購入希望エリアの空き地などを頻繁にチェックし、「分譲予定」の旗や工事関係者の出入りにも注意を払っていました。

私が購入希望していたエリアは駅の近辺ではほとんど売地はなく、建売として販売することが多いことが特徴でした。

そのうち空き地を区画で分け、住宅を建てる予定がある場所を見つけました。早々に不動産会社の看板が立っていたため、まだ更地の状態でしたが立地が良かったので問い合わせに出向きました。

不動産会社では図面を見ることができました。土地の広さ、立地、価格等の条件が希望に近かったので購入の方向に動いていましたが、他の建売と異なり実物を見ることができません。

そのため類似物件の内覧にはいくつも足を運びました。その不動産会社の分譲住宅にはそれぞれの土地のテーマがあり、それに合わせた外観や内装となっているため、特に内装については個性的なものが多いように感じました。

建築中であるが色など変更可否について質問

元々我が家は注文住宅を希望していたため、家については希望や理想のものがあり、率直に担当者に伝えました。たとえば、床の色やシンクの色です。

実際に購入決定に至った時、すでに木造の枠組み工事が始まっていました。それから建具等の色や素材の一つ一つを確認し、変更可否について担当者との打ち合わせが始まりました。

実際にはキッチンのシンク台の色やピクチャーレールの位置、浴槽の壁の色等数項目の変更ができました。

建築中の建売住宅を購入するメリットを知っておこう

もちろん納期が間に合わず変更できなかったものもありますが、少しでも自分たちの希望が通ったので建売といっても、我が家のオリジナリティを出すことができました。

すでに建ってしまった家については、外溝などわずかな部分の変更しかできないとは思いますが、建築中の早い段階であればできる範囲で希望を叶えてくれることがあるので、建築中においても早めの申し入れは絶対だと思います。

神奈川県・女性

建築中の建売物件購入。3階の収納も部屋も使い物にならない!?

2017.05.15

建売住宅を建築中に購入!(当ブログ限定体験談)

2017.02.04