「建売のコンセントを増設したい!」なくて困った4つのコンセント

戸建の模型とコンセント

「建売のコンセントを増設したい」という意見はよく聞きますが、実際は可能なのでしょうか?

そこで今回はこんな体験談のご紹介です。

体験談概要
  • 内装にある程度要望を盛り込み建売を購入
  • なくて困ったコンセントの存在を住んでから実感
  • 建売のコンセントの増設は完成後は困難

【アドバイス】建売のコンセントが増設できるのであれば早期に伝えなければいけない。

【体験談】建売のコンセントが増設できるなら早めに!

愛媛県30代女性

2018年の春、建売り物件を購入しました。広さや家の構造などは決められていますが、壁の色や電気の種類など内装は相談して変えることが可能でした。

建ち終わってから初めて失敗に気がついたのですが、コンセントの種類や位置をしっかり見ておけば良かったです。

 

スポンサーリンク

建売でなくて困った4つのコンセント

欲しかったコンセント①庭

まず駐車場側にはコンセントがあったのですが、庭側にコンセントが無かったのが問題です。

冬になったらクリスマスのデコレーションをしたいと思っていたのですが、コンセントが届かないことに気が付きました。

 

欲しかったコンセント②子供部屋

また子ども部屋を見ると、ドアを開けると隠れてしまう部分にコンセントが付けられていました。ドアを開けたままだとスマホの充電などがしづらく、そこ以外には部屋にコンセントがありませんでした。

 

欲しかったコンセント③クローゼット

また1階の収納クローゼットにコンセントが付いていませんでした。

今使っている掃除機が充電式のため、普段から立て掛けておくクローゼットにはコンセントを付ける必要がありました。

確認していなかったので仕方がありませんが、人から見える場所で充電しなくてはならなくなりました。来客時は掃除機を別の場所に移動させています。

「掃除機をクローゼット内で充電したい」という需要は非常に多いです。

 

欲しかったコンセント④玄関

その他、玄関にコンセントが無かったのが問題です。

普段はデジタルフォトフレームやデジタル時計、冬はクリスマスツリーを飾りたかったのですが、どれもコードを挿しっぱなしにしなければいけないものだったので延長コードを使う必要がありました。

家の壁など目立つものばかりに注意が向きがちですが、コンセントの位置もかなり重要だと気付きました。

 

建売のコンセント増設はあとからだと手間がかかる

完成前であればコンセントの位置を変えたり、増やしたりすることは簡単だったようです。

もちろん建ててからでも変更は可能なようですが、建ってしまう前に確認しておいた方が後で面倒が無くて良かったです。

建物完成後は壁に穴をあけて工事しなければならないため、クロス張り替えの費用もかかります。

コンセントなどは建ち始めてからでも結構ギリギリまで変更可能な部分だそうです。電気の配線やコンセントなどが詳しく書かれた図がありますので、使用用途などを考えて確認しておくと失敗しなくて済みます。

注意

今回の体験談では建売のコンセント位置や数について希望できる物件だったようですが、通常はできない物件の方が多いです。

建築中初期段階で建売を購入する場合は確認してみることをオススメします。

新築注文住宅でのコンセントの数や位置は非常に重要なポイントだった

2017.04.23



スポンサーリンク



戸建の模型とコンセント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。