建売を買う前にいろいろと調べる行動は重要だと思います

建売を買う前にいろいろと調べる行動は重要だと思います

建売を買う前に(2008年に新築建売購入を買った友人の話)

私の友人のお宅ですが、某有名メーカーの建売です。

普通に考えてもその敷地内で4棟でしょう、と思うところを一軒あたりを狭くして6棟建ててしまうメーカーです。

いろんなところでのぼり旗や、看板を見かけます。

新婚で若くしてマイホームを購入しようと考えている方たちにとっては、手を出しやすい値段だと思います。

現にその向かいに住む自分たちの建売と1000万以上も価格に差がありました。

私たちが先に住んでいたので、そのメーカーの建築工事を毎日のように目にしていました。

その土地は、建つ前は、田んぼだったところです。どう考えても水分が心配な土地です。

が、しかし!なんと土地改良を全くせずに、どんどん基礎工事を始め、土台ができ、その上にポンと家があっという間に建ってしまいました。

見渡すと6棟も建っているのです。とても驚きました。田んぼだったところに、土地改良もせずに…

値段が安いこともあってどんどん買い手が決まり、あっという間に全棟予約済みに。

今のところ、建物自体のゆがみなどは、その友人から聞いていませんが、時間の問題のように感じ、とても心配です。

そして家の中に除湿器が欠かせない、と言っています。確かに、外壁はカビだらけです。

現在は建売は建てる前に地盤調査をし、必要であれば地盤改良や杭工事を行うのが義務です。そうでないと、建物を建てられません。買う方にとっては安心材料です。

 

やはり、安いから…という安易な考えだけでマイホームを購入するのは、とても危険だと思います。

一度購入してしまえば、何か不具合が生じた場合に決して安くないお金を出してリフォームをしなければならないからです。

家はだいたい10年以上建つと、あちこちメンテナンスが必要になってくると、よく聞きます。そのお金以上に、無駄な?お金を費やしてしまうことになります。
そうならないために、例え安い金額でも、建売ならなおさら、

  • 建つ前はどんな用地だったのか?
  • 土地改良はしているのか?
  • 工事中も、ずさんな管理をしていないかどうか?
  • 建築途中の様子を写真に収めたりして、記録に残しているか?

などを気にして見ていた方が安全に購入できると思います。

そして、多くの会社からどこのメーカーを選んだらよいかですが、すでに購入した知人などに情報を聞いて集めるのがいいと思います。

建物についての規制については年々厳しくなっており、欠陥住宅は建てられません。ですが、「調べる」ということは、どんな商品でも、いつの時代でも大切なのかもしれません。