隣の夜勤の方より庭で遊ぶ子供がうるさいと苦情。マイホームはすでに購入済み…

庭のプールで遊ぶ子供

日中子供がうるさい。お隣が夜勤だとは知らなかった(高知県30代女性・2013年新築戸建購入)

昼間、小学生の子どもを庭で遊ばせていたときのことです。隣の方から「仕事が夜勤なので静かにしてほしい」と申し訳なさそうに言われました。

軽く謝罪し、その日は家の中で静かに遊びました。それ以来、庭ではあまり遊ばないようにしています。

次の事件は、いとこが遊びにきたときに起こります。二人とも大はしゃぎで、正直少しうるさいかなと心配になりました。

しかし、窓を閉めて遊んでいて、相手方も家の窓を閉めているのを確認して、さすがに聞こえないだろうと思っていました。

ところが次の日、今度はかなり不機嫌そうに「こっちは夜勤で疲れているんだから、少しは考えてくれ」と、完全に文句でした。

隣の方と親しければ、こうはならなかったかもしれません。しかし、隣の方とは、引越しの挨拶のとき以外は、顔を会わしたことがほとんどありません。

生活リズムが違いますから当然といえば当然です。

 

家を買う際、周辺の施設、値段、家の間取り等はじっくり、本当にじっくり考えました。しかし、その周りに住む人たちのことは正直いって頭になかったです。

実は、家の候補は3つありました。どの家も周辺の建物は何度も何度も見ましたが、全て昼間で、日が暮れて見に行ったことはなかったです。

一度でも夜、見に行っていれば、隣の家に明かりがついてないことに気づいて違う家を選んでいたかもしれません。

最終的には人です。家を購入するときは、わくわくしてあまり他人のことを考えられなくなると思います。

家は何回か建て直さないと満足できないといいます。しかし何回も建てられる人はそういないでしょう。一生ものの買い物になります。

これから家を買われる方は、1日その家にはりついてみてください。余裕がある方は、その地域のイベントに参加してどういう人が住んでいるのか聞いてみてもいいかもしれません。

 

知り合いの騒音トラブルに詳しい方に聞いてみると、「騒音については法律で決められているよ。夜中に大きな声で歌うとかしなければ問題なし。マンションでもないんだから一戸建ては騒いでいいんだよ」と言われ、目から鱗が落ちる思いでした。

心に軽いしこりは残っていますが、今はなるべく気にしないように生活しています。

 

【関連】