コロナ禍で一人用コンパクトオフィスの需要急増!?

オフィス賃貸のお手伝いをすることがある。

先日、オフィス仲介の管理会社をしている営業マンと話をする機会があった。

そこで、こんな話を聞いた。

「コロナでリモートワークになった人で、家では仕事ができないから、一人用のコンパクトオフィスの需要が増えた」と。

コロナ渦でオフィスはダメになったというイメージが蔓延する昨今の中、こういった需要があるのだと、勉強になった。

リモートワークができる人・できない人

これはどちらも存在するはず。

私はといえば、後者のできない人になる。

理由としては、

  • 家ではやる気が出ない
  • 気持ちが切り替えられない
  • 家族がいると集中できない
  • オフィスに出て仕事がしたい

といったところとなる。

確かに小さい時も家ではなかなか勉強ができなかった。

思い返せば、宅建の勉強もファミレスやカフェでやっていた。

リモートワークができない人はもっといろいろな理由もあるはずだ。

  • 適した部屋がない
  • 子供の相手をすることになってしまう
  • ゲームを始めてしまう

あげればキリがないかもしれない。

甘いとは言われても、長年通勤文化に慣れ親しんだ体のため、簡単に一筋縄に方向転換とはなかなかハードルが高いものだ。

今、私自身は一人で仕事をしているため、3密とは無縁となり通常モードで出勤中。

だから、具体的に欲っした感覚は無いが、コンパクトオフィスの需要が増えるというのは十分納得がいく。

完全独立型のコンパクトオフィス需要は加速か

ちらほら聞く話で、「新築マンションや戸建にはリモートワークに適した部屋をアレンジなども設計」などもある。

一方で、既に家を買い城を構えている人については、新たにテレワーク部屋を確保というのは難しいのが現状だ。

そこで、少し電車へ自転車で移動したところにある、コンパクトな一人用のオフィスを借りるという選択もある。

今後は社員を雇っている会社としても、そういったテレワーク難民の社員達への対応を迫られるのかもしれない。

(すでにそういった話はあちこちであるのかもしれないが)

また、そもそも、独立型ということが基本となりそうだ。

コア―キングなどのシェアオフィスだと、コロナ渦では受け入れられにくいのは容易に想像がつく。

今後は独立型コンパクトオフィスについての需要についても注目をしていきたい。