注文住宅における工務店と設計士の重要性がわかる体験談

机に間取り設計図面を広げ打ち合わせをする男女

注文住宅を建てるにあたり、工務店・ハウスメーカー選びは必須。また、設計士との協力も大切です。

そこで今回は参考に、注文住宅では工務店選びと設計士が重要だと主張する体験談をご紹介します。

【体験談】工務店選びだけでなく設計士選びも注文住宅では重要です

新潟県30代男性

私は数年前に新潟県新潟市に家を建てました。

自然豊かな場所での住宅を考えていましたが、子供のことや将来のことを考えた時、あまりにも山の中は不便ですし、子供の学校もバス通学はかわいそうだと家族で話しまして実家から近い比較的自然豊かな場所にしました。

山も望めてここにしてよかったと思いました。

【予想外】岡山の住みにくいエリアにマイホーム購入。こんなはずではなかった…

 

工務店選び

住宅購入の際、場所を優先させる方や、住宅は雨風しのげて車や趣味など他のことにウエイトをおきたい方などそれぞれ違うと思います。

私は住宅造りにかなりこだわりと想いがありました。大手のハウスメーカーのような企画住宅やローコスト住宅ではなく無垢の木を使った住宅を望んでました。

住宅を考える前から、住宅の雑誌を見ることが好きで、こんな家にしたいと漠然に思ってました。無垢の木の家で雑誌に載っているような家となると、ハウスメーカーではなく地場の工務店・建築会社、と限られてきました。

ハウスメーカー選びで信頼できる地元工務店があれば検討を!

当てはまる会社に何社かモデルハウスや見学会に行き最終的に決めて住宅をつくりました。結果、もう少しこうすればよかったと思うところはありますが、満足してます。

 

設計士の重要性

満足できた理由は、自分の思いと同じ思いの工務店・建築会社を探すこと。そして、さらに自分の思いを形にしてくれる設計士がいることだと思います。

木の家・自由設計でまず何社かにしぼれました。次に、見学会やモデルハウスに行き、この雰囲気いいなと思った建物と出会ったとき、その設計士と話ができたことによってこの会社で家つくりをしたいと思いました。

会社によっては、いいなと思ったモデルハウスもあったのですが、設計が外部の東京の設計で、実際にはその会社の設計士が設計することになるので、実際に私の思いをかたちにできるか不安がありました。

なので、モデルハウスの設計士が、実際に設計してくれるのかはかなりのポイントになると思います。

設計士と2人3脚で建てた注文住宅は間取り・費用ともに満足!

 

工務店と設計士を信頼する

また、工務店・設計事務所を決めたら、その会社や設計士を信頼するのが一番です。こうしたいとの思いは初めに伝えて、設計してもらった図面には口は出さないほうが良いです。

設計士はプロです。素人が間取りに口出すと形が崩れます。変な住宅になります。

一概に、口を出すと必ずしも間取りがおかしくなるとは言い切れません。

【参考】マイホームの間取り成功は自らも動いて勝ち取れ! 

 

住宅造りは自分のイメージの住宅を作っている工務店かどうかと設計士が重要だと思います。

【関連】注文住宅で設計士と合わない。あなたならどうしますか?