【将来子供部屋を増築】こんな理由で計画倒れに終わりました

家の模型と設計図とペン

「子供部屋は将来子供が大きくなったら増築しよう」と考えている方へ。物理的には可能でも、別の要因で計画失敗ということも考えられます。

そこで今回は、注意喚起として一つの失敗事例をご紹介します。

体験談概要
  • 夫婦2人と子供3人の家族で注文住宅
  • 子供部屋は将来増築する計画
  • 金銭的な理由含め、子供部屋増築計画は失敗

【結論】将来の増築というのはあくまでもただの予定。増築計画なしのプランがおすすめ。

スポンサーリンク

子供部屋をいずれ増築したいと考えた注文住宅。結局増築できずに…

香川県50代女性

「今はお金がないから、子供が成長した時に、増築しよう。」これが、最悪の結果になりました。

 

3人の子供と夫婦。大手ハウスメーカーで注文住宅へ

当時は、築年数の古い賃貸に住んでおりました。それぞれ2歳違いで、3人の子どもがおりましたが、

そろそろ広い家に引っ越しをしようかとゆう話になった時、それならいっそのこと家を建てようということになりました。主人が28歳。私が26歳の頃です。

いろいろと検討してみた結果、大手ハウスメーカーさんで建てることにしました。担当の営業さんも親切な方でしたし、あとあとのフォローが手厚いと考えたからです。

 

「子供部屋は将来増築しよう」と計画

間取りですが、1階は、8畳の和室に、20畳のLDK。2階は、10畳の寝室に、16畳の子供部屋。

こちらの子供部屋は、将来的には2部屋に分けて使用するつもりでしたので、ドアは、最初から2枚、すでに取り付けておりました。

そして、増築という形で、子供部屋をもう1部屋と、シャワーだけのお風呂を作ることも計画しておりました。

子どもたちがそれぞれに部屋が必要になるころには、私も外に働きに出る予定だったので、その頃までには多少の貯蓄も出来るだろうと、安易に考えていたのです。

 

【現実を知る】子供部屋増築費用は貯まらず…

最初は、毎日が嬉しい、楽しいの連続でした。南向きの大きな窓から差し込む光は、本当に贅沢で、幸せな時間でした。

ですが、それもつかの間、現実を知るのに、そう時間はかかりませんでした。

 

まず、電気代・水道代・ガス代。このすべてが、狭くて古い賃貸に住んでいたころの、倍近くに跳ね上がりました。そして最悪なことに、働きに出る予定だった私が病気になってしまったのです。

それでも、主人の給料でなんとかやりくりは出来たのですが、増築のために必要な資金、500万円までは、貯めることが出来ませんでした。

ある程度までお金を貯めることが出来ても、貯まった頃にはこどもの進学や、大学の仕送り等に消えてしまったのです。

結婚当初、二人で合わせて800万近い貯蓄もありましたが、そのほとんどすべてを家に投資してしまったことで、身動きが取れない状況になり、夢のマイホームは、使い勝手の悪い家へと変わってしまいました。

 

子供部屋増築計画の失敗から

①「あとから増築しよう」は予定に過ぎない

いつどんな事態が起こるかわかりません。将来必要になるのなら、最初に一緒に建ててしまいましょう。

それに、家は老朽化していきます。増築した部分だけ色が変わってしまいますし、コストも割高になってしまいますからね。

 

②頭金は無理をしない

後の支払いを楽にするために、出来るだけ頭金を多く入れて…と考えがちですが、最低、どれだけの頭金を入れればどの程度の家を建てられるか、逆算して考えることも必要です。

「こんな家に住みたい」と理想だけではなく、この程度の支払いなら、働き手がひとりになっても支払っていける、とゆうことも、考えておくことが必要だと思います。

そして「不測の事態」を考えて、現金を出来るだけ手元に置いておくことをお勧めします。

 

③繰り上げ返済を上手に使う

我が家は、土地は親から譲り受けたので、家だけで1,600万円でした。頭金を600万円入れて、20年のローンを組みましたが、結局、15年で完済しました。

これは、私の体調が良くなったことで、二馬力で働いて収入も増えたので、早期完済となりました。

 

子供部屋増築計画がうまくいかなかった経験よりアドバイス

実は、あの使い勝手の悪い大きな家は、一番下の子が大学に進学した時に、売ってしまいました。子供たちに「この家は、住みにくいから要らないよ」と言われてしまったからです。

本当に、「とほほ…」な気分となりましたが、逆にそれが良いきっかけとなりました。現在は、夫婦二人で、賃貸の3LDKのマンションに住んでおります。

前の家よりはずいぶんと狭いですが、それでも子供たちは、こちらの家の方がお気に入りだそうです。

 

もし、家を建てようとお考えでしたら、最初から増築は、抜きで考えてみてください。

将来的に、親との同居などで増築になる等の場合もあるかもしれませんが、現在の支払い+増築分ですから、家計はかなり苦しくなると思います。

身の丈にあった家を建てないと、結局あとで大変なことになってしまう。今回の失敗から学んだことです。

家族構成からの間取り・毎月の支払などを良く考えられて、どうぞ、手放すことのない、理想のお家を手に入れてくださいね。

これから40年暮らすマイホームに子供部屋は本当に必要なのか?

2017.03.04



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。