本当にセカンドリビングが2階に必要!?二世帯同居想定での失敗談

家族4人、リビングのソファーで

「将来の二世帯同居も考えて、2階にセカンドリビングをつくっておこうかな」と検討している夫婦へ。

今回は、実際に2階にセカンドリビングを配置した間取りにした家族の失敗談を紹介します(将来的に二世帯住宅としての同居を想定して設計した事例です)。

現在の生活スタイルの充実は非常に重要であるという気付きを得ることができます。

スポンサーリンク

セカンドリビングとは?

その名の通り、2つ目のリビングのことです。メインとなるリビングよりも一般的には小ぶりに設計することが多く、家族で集まったり、子供が遊んだり、二世帯住宅では親夫婦がくつろげる場所のような用途が主です。

マイホーム建築にあたって、延床面積に余裕があればセカンドリビングの建築を検討してみる価値はあります。

 

ここで、将来的な2世帯同居を見越して、2階にセカンドリビングを配置したご家族の体験談を紹介します。

 

体験談:こんなはずじゃなかった!二世帯同居を見越した2階セカンドリビングの誤算

長野県40代女性

 

2階にセカンドリビングを持ってきた理由

私が住んでいる地域は、土地柄か二世帯同居している家庭が多いんです。

我が家は、主人が二人兄弟の長男で弟は遠方で就職した事もあって”将来的には両親と同居”することは覚悟していましたが、義両親も私たち夫婦も”元気なうちは、別々に自由に暮らしたい”という考えもあったので最初から「二世帯住宅」は考えていませんでした。

その代わりに、間取りを考える時は最初は家族4人で暮らすけど将来的な二世帯同居を想定して設計士さんと打ち合わせをし、もし同居を始めた時も、家族四人だけで寛ぐ場所がほしいと二階にセカンドリビングを準備したんです。

セカンドリビングを作ることで、一階と二階の会話の筒抜け防止のために憧れのリビング内階段をあきらめたり、セカンドリビングの広さを確保する為に夫婦の寝室・子供部屋を少しずつ狭くしたり…小さな我慢をしました。

 

使っていない2階のセカンドリビング

そんな我慢した分、居心地のよいセカンドリビングが出来ましたが現状は全く使っていません。梅雨時期や冬場に洗濯干しスペースとして使う程度なんです。

私たち夫婦は「義両親と同居になった時」の居心地は考えていましたが「同居する前の四人での生活」を考えていなかったんです。

まだ子供が小さいことも原因の一つで、四人の生活だとほとんどの時間は一階のリビングスペースで過ごすんですよね。後は、寝る時に二階の夫婦の寝室が有れば十分なんです。

こんなことなら、二階の主寝室を広く確保して、今の生活を快適にすれば良かった。セカンドリビングは同居が決まったときにリフォームすればよかったのにと後悔しています。

今になって振り返ると、義両親が二人暮らしに不安を感じた時、なんて何時になるか分からないのに…。私たち夫婦は同居しない後ろめたさを「将来の同居に備えていますよ!」という間取りで誤魔化していたのかもしれません。

 

家作りは失敗できないと思い将来のことを考えるのも大事ですが、先の分からない将来の事ばかり気にするのではなく、今の生活を充実する事が出来るような間取りも大事にして下さい。

体験談おわり

 

スポンサーリンク

2階のセカンドリビングは後にリフォームで造作可能

体験談の中にもあったように、セカンドリビングは後の二世帯同居が決まってからでもリフォームして造り上げることが可能です。リフォームは結構なんでもできてしまうものです。

 

【極端な一例】先日実際にみた大胆な戸建リフォーム

以前、街中で2階建の戸建の前の部分を大胆にも真っ二つに切っているリフォーム現場を発見しました。興味本位でリフォーム施工中の職人さんに話しかけてみたところ回答はこうでした。

お子さんが皆大きくなって独立したため、夫婦では今の家は広い。駐車スペースが1台しかないので、子供が家に来るときのことを考えて2台のスペースを確保するため、家を切断してしまいスペースを確保する。

このリフォームはご夫婦が住みながらにして行われていました。家の基礎も含めて2階まで、果物を切るがごとく建物が切断されている状態を見ました。

玄関まで切られている状態で、ご夫婦は別の掃出しの窓からリフォーム中は出入りしていたのだろうと思います。

後に完成した建物の外観を見ました。新たにつくられた玄関。外壁も新しい部分と古くなった部分を調和させるように塗り直したようでした。

ご夫婦もお子さん達にとってもメリットのある、素晴らしい発想の変身だと感心しました。

 

まとめ

将来の二世帯同居を想定し、2階にセカンドリビングを配置した家族の失敗談でした。今回のポイントをまとめておきます。

  • セカンドリビングとは第二のリビング
  • 【体験談】将来を考え過ぎ、今の生活についてを疎かにしてしまった
  • セカンドリビング造作は後にリフォームでも対応できる

将来の2世帯同居を考えてセカンドリビングを間取りに加えることは、将来的なリフォームのコストダウンを図ることもできます。

一方で、これから始まる自身の家族のマイホーム生活をよりよいものにする、という大前提も忘れてはいけないということがわかります。

 



家族4人、リビングのソファーで



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。