【後悔済み】リビングに収納は必要だと痛感。実家暮らしでは気づかない

カウンターキッチンのあるリビング

注文住宅を考えている方へ。リビングに収納は必要かどうかは考えていますでしょうか?

今回は、新生活をスタート後に「リビングに収納が必要だった」と痛感したという体験談のご紹介です。

特に、実家暮らしから結婚を機に注文住宅を建てる夫婦にとっては、盲点となりうる内容です。

スポンサーリンク

体験談:住んでわかった。リビングに収納は必要であるという現実

奈良県30代女性

私が家を購入したきっかけは、結婚でした。主人も私も実家暮らしでした。最初は賃貸住宅に住むつもりでしたが、両家の両親から「家賃がもったいない」と言われ、購入することとなりました。

土地探しにハウスメーカー選びはとてもわくわく楽しい日々でした。

 

間取り打ち合わせ

無事に土地、ハウスメーカーが決まり、いよいよ間取りの打ち合わせです。

ハウスメーカーは、「家作りは女性の気持ちや考えを大切に」と言ってくださったので、私の意見をたくさん取り入れてくれました。

でも、所詮主婦経験のない実家暮らしの私や実家暮らしの主人です。どんな間取りにすると暮らしやすいかが全く想像できませんでした。

私の意見をたくさん取り入れてくれたのは、主にキッチンの広さ、キッチンのタイプ(対面)、水回りの動線、収納の場所や収納の広さ、そしてリビングの広さでした。

しかし実際には、ハウスメーカーの規格商品に少し色付けする程度でした。

 

リビングに収納を作り忘れた

すべて整い、いよいよ着工となり、3ヶ月程度で完成しました。そして、いざ住んでみると、最初は自分の家ということだけで満足感がたくさんありました。

しかし、しばらく住んで思ったことは、リビングに収納を作り忘れたということです。各部屋に押し入れやクローゼット、それにウォークインクローゼットは2階の寝室横に作ってもらっていました。

実際に住んでみて感じたのは、実家での独身時代は自分の部屋で主に過ごしていたのが、新居ではリビングで過ごすことばかりだということです。

掃除機やティッシュ、読み終えた新聞を置いておいたり救急箱、といった生活用品を収納したりする収納場所が実家では母が管理していたし、子どもの頃からの置き場だったから違和感もないまま過ごしていました。

しかし、新居は自分で使いやすいように、生活しやすいように配置、収納しなければなりません。

私はそれら生活用品はリビングに置きたいと思いました。しかしリビングにはそれらを置く収納スペースがありませんでしたので、廊下と洗面所に設けた階段下収納へ分けて入れることにしました。

 

また、衣服を収納してあるのは2階のクローゼットだったのですが、洗濯物は庭で干してあったので、洗濯物をたたんで2階まで収納しに行ったりと動線に無駄がたくさんありました。

リビングに続いた間取りにすれば、すぐクローゼットに収納でき、掃除機などの収納スペースクローゼットにまとめることもできます。

我が家はリビングにワードローブを置いて少し衣服をリビングにおいています。

 

リビングに収納は必要

リビングに収納を作ることで、家事動線の短縮や必要な物がすぐ出せると言ったメリットだけでなく、我が家のようにワードローブを置く必要もなく、リビングがスッキリ片付きます。

 

間取りの工夫は、やはり実際に日頃自分がどのような動きで生活しているのかを具体的にメモでよいので書き出すと、どのような配置や収納があれば暮らしやすいか、家がスッキリ片付くのかがわかりやすいし、実際建築後も暮らしやすいと思います。

体験談おわり

 

スポンサーリンク

まとめ

「リビングに収納は必要」と痛感した体験談でした。今回のポイントをまとめておきます。

リビングの収納
  • 実家暮らしの人にとっては意識にない収納の可能性も
  • 家事動線・生活動線を考えても有効
  • リビングがスッキリ片付く

広いリビングの設計を考えつつ、必要最低限の収納についても頭に入れておく必要がありそうです。

 

関連記事:子育て中に思うあればよかった2つの収納!間取りをこうしておけばよかった






カウンターキッチンのあるリビング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。