寒冷地では蓄熱式暖房がおすすめ!長野県民より!

上を指さす笑顔の女性

寒冷地の暖房はどういったものがおすすめなのか?

参考になる体験談のご紹介です。


『長野県O様より』

寒冷地にお住いで暖房器具をどれにしようか悩まれている方へ我が家が採用したおすすめの「蓄熱式暖房」をご紹介させて頂きます。

 

私のマイホーム購入のきっかけになったのは、結婚後に住んでいた賃貸マンションの環境がありました。

妻との新婚生活を過ごしたかった為、賃貸マンションへ入居していたのですが、建物の全体構造の為か立地条件の為か分かりませんが、夏は熱がこもってしまいとても暑く、冬は壁・床からの底冷えでとても寒いという状況で、体調を崩すことも少なくなく、生涯その環境から抜け出す為にマイホーム購入を考えました

 

出来る限りコストパフォーマンスの良いハウスメーカーを探そうと、色々なハウスメーカーの住宅展示場をあちこちと回りましたが、その中でより快適な室内温度環境が得られる方法にはどの様な方法があるのかも重要な検討ポイントとしていました。

私の居住地域は、夏は比較的涼しく快適なのですが、反面、冬の寒さは正に身も凍る厳しい環境でしたので、特に冬の暖房について考えていきました。

 

寒冷地で蓄熱式暖房がおすすめな理由

 

最近の建物は、基本的には高気密高断熱という熱損失の少ない構造になっていますのでこれは必須項目としましたが、実際に暖める為の設備をどうするかが課題でした。

 

暖房器具にはエアコン、ヒーター、ストーブなどがありますが、エアコン、ヒーターは一般的であり手軽に使えるのですが、風を起こしてしまう為、ほこりの巻き上げや乾燥がデメリットとして気になりました。またストーブは炎という実際の温度や視覚効果としての暖かさがあり魅力的ですが、その反面、火というもの自体が持つ危険性へのデメリットや管理の手間が大きく悩む部分でした。

 

そんな中、蓄熱式暖房という方法を使っているハウスメーカーがありました。

私はその時に初めて知った方法だったのですが、

蓄熱式暖房とは

熱を蓄えることのできるレンガのような蓄熱媒体に電気を使って熱を貯めておき、蓄えた熱を少しずつ放熱するという暖房方法なのですが、電気を使う蓄熱時刻を設定することで、電気料金の安い深夜電力を使って夜間に熱を蓄えておき、日中は蓄えられた熱を1日掛けて放熱・暖房をするというものでした。

展示場でその暖房効果を体感しましたが、他の暖房器具に比べ、スイッチを入れても直ぐには暖まらず、短時間で暖房効果を得ることはできませんが、暖房効果を発揮し始めてからはそのジワジワとした放熱暖房は身体に優しく、家全体を暖かく包んでくれるという印象でした。

放熱を強くする為に微風を吹かせることもできますが、基本的には室内に風を吹かせることはありませんし、火を使いませんので空気を汚すことも火傷や火事等の事故の心配もありません。

しかも、手の掛かる掃除もほとんど必要なくメンテナンスフリーと言えます。

 

私達はすっかりこの蓄熱式暖房のメリット・魅力の虜になり、我が家の暖房の将来を任せるべく検討を進めました。

 

蓄熱式暖房のデメリットも踏まえて考える

 

私達にとってメリットは十分でしたので、デメリットをどう解消するかがポイントでしたが、蓄熱式暖房のデメリットは

  1. 暖まるまでに時間が掛かり即効性がない
  2. 設備が大型で重く固定スペースが必要
  3. 本体価格が高く消費電力も大きい

 

まず①に関しては、夏場の冷房にも欲しいエアコンをフォロー役に使うことにしました。

他の②、③に関しては基本的に受け入れるしかないのですが、②では設置位置の基礎構造を補強したり、本体上部のスペースを有効利用できるように棚を作り付けたりという工夫をしてみました。

最後の③に関してはメリットに対して掛かるコストになりますが、私達は許容範囲と判断しました。

 

電気料金が少しでも安くなるように電力会社との契約は3時間帯契約を選択し蓄熱式暖房を設置する事に決めました。

私達は1、2階にそれぞれに1台を設置しましたが、蓄熱式暖房が大活躍している冬場の電気料金を夏場と比べると、概ね3倍の金額になっているのが現状ですが、冬場の暖かい恩恵に与っている私達の感想は、蓄熱式暖房にして良かったと思っています。

 

寒冷地においてはやはり蓄熱式暖房がおすすめ

 

蓄熱式暖房のある暮らしが始まって以来、家の中で寒さに震えるということがなくなり、冬場に体調を崩す事もかなり減りましたし、想定外の効果として部屋干しの洗濯物もカラッと乾きます。

寒冷地にお住まいでマイホームをお考えであれば、ぜひこの蓄熱式暖房をお勧めします。

蓄熱式暖房で家中暖かなポカポカな冬をお過ごしください。

 

【関連体験談①】新築の暖房ですが寒冷地では全館床暖房がおすすめ!(岐阜県20代女性)

2017年12月に注文住宅

 

全館床暖房の家に住み始めて、今年で2回目の冬を過ごし終わりました。

冬はとても寒い地域に住んでいるため、とても快適に過ごせて満足しています。

 

エアコンにこたつ等、暖房器具が必要不可欠で、また電気代が結構かかっていたアパート時代。

暖かくなるまでに時間がかかり、毛布にくるまる日々。

全館床暖房は24時間、冬の間はつけっ放しのため、常に暖かく、帰って玄関に入るだけで心地よいという快適さ。

床暖のスイッチ1つでどの部屋でも快適に過ごせるという点はとても魅力的であります。

断熱がしっかりしているため、あたたかさが保ち、また熱を逃がさないのです。

これは省エネにもつながり、つけっ放しの床暖で電気代がかかると思いますが、さほどかからないのです。

部屋全体が暖まり、体感温度が上がるので、低めの温度設定でも十分暖まるのがいいところです。

風呂場や脱衣所の冷えがなく、特に子供がいる環境では風邪など心配せず出来るのがとてもいいと思います。

また毛布が不要で洗濯もとても楽になります。掛け布団一枚で過ごせる冬。

朝寒いから起きられない、なんてこともないので本当にありがたいです。

 

しかしデメリットもあります。それは”物”がすぐに腐ってしまうところ。特に果物や野菜。

我が家は前日、味噌汁を作って朝は温めるだけにしているのですが、作った味噌汁も必ず冷蔵庫に入れておかなければなりません。

室内にそのままは置いておけないですが、これは冷蔵庫に入れれば解決できる問題でもあります。

私は実家に帰ることがよくあるため、箱買いした果物などは実家に置いておいて、少しずつ持ってきたり、戸外の倉庫を利用したりしています。

 

また床暖をつけているととても乾燥します。特に夜寝ているとき、喉の渇きを感じる時があります。そのため加湿器は必需品です。

この家に引っ越し、加湿器は二台購入し、使用する部屋に置いています。

水を入れるなど、手間はあるが、風邪予防にもなるので買って良かったと思っています。

 

メリットもデメリットもありますが、全館床暖房にしたことで本当に冬は快適に過ごせているので良かったと思っています。

特に寒さが苦手な方、寒い地域にお住まいの方には喜んで頂けると思います。

 

【関連】寒冷地でのハウスメーカー選びの失敗談。「寒い」@北海道