最初から外構工事も行い住宅ローンに組み込みましょう!


住宅を購入する際、住宅自体のことに目がいきがちですが、これから住宅購入をされる方、検討されている方へ、経験者として伝えたい事をお話しします。

 

  • それは住宅購入後の生活をイメージして必要な外構工事を住宅購入時にまとめて行うことです。

 

必要だと思う外構工事は始めからやっておくべき

住宅があれば生活は出来ます。ですが更に満足のいく生活を送る為には色々と必要な設備があるのです。

 

カーポート

まずはカーポートです。

少しくらい雨に濡れても平気、玄関まですぐ近くだから大丈夫、カーポートなんていらないと私は思っていました。

たしかにカーポートがなくても生活は出来ますし支障はありません。

 

しかし大雨の日でも仕事に行かなければなりません。家族は買い物にだって行きます。子供は割りと車の乗り降りにもたつくものです。

カーポートがあるとないとでは車の汚れ具合だって変わってきます。びしょびしょに濡れた自分や家族を見ているとその必要性が実感出来るのです。

 

テラス

次にテラスです。

雨の日や雨が降りそうな日に浴室や脱衣所、はたまた部屋で洗濯物を干している光景が想像出来ると思いますが、テラスの必要性はそれだけではありません。

例えば天気予報が晴れでも雨が降ることがありますよね。

外出先で干しっぱなしの洗濯物を思い出してゾッとすることがありませんか?私も雨が降り出したから帰宅なんてこともよくありました。

 

そんな時でもテラスに干していれば何も気にする必要がないのです。テラスにサイドパネルを設置すれば吹き込む雨にも対応していますし、完全に密封してひとつの部屋として利用することだって出来ます。

室内に干している洗濯物に圧迫感を感じる生活ともこれでおさらばです。

 

門扉

最後に門扉です。

最近見かける住宅に思うのは、いい意味で開放的ということです。隣の敷地とはフェンスがありますが、駐車場やお庭、通路等、割りと仕切られていないことが多くあります。

悪く言えば誰でも出入り出来るということです。

 

私自身そんなことには対して深く考えていませんでしたが、いざ住んでみると意外と気になることが出てきます。

庭で遊んでいるまだ小さな子供が一人で出ていかないか、不審者が入ってこないかといったことです。

DIYで柵や仕切りを作れば十分という方もいますが、折角購入した住宅です。やっぱり見栄えも大切なのです。

 

外構工事は注文住宅と一緒に行えば住宅ローンに組み込める

住宅購入から2年の私が思うことは住宅購入の際に、必要な外構工事をまとめて行えば良かったということです。

もちろん購入後にいつでも工事は可能です。

ですが、ひとつひとつの工事には数十万円の費用がかかるのです。

購入時の住宅ローンにまとめておけば良かった…

と私と同じ思いはして欲しくないと思います。

大分県H様