節水トイレのつまりに注意!結局節水できていない我が家より

エコを期待して節水トイレを設置しましたが、我が家には逆にエコではないようです

 

注文住宅を建て1年が経過したとき、突然、あらゆる水周りから水が溢れてきました。

例えばトイレの水を流そうとしても流れずに便器のギリギリまで水が溢れてきました。台所で洗い物をしても、水がうまく流れていかず、浴槽のようにシンクに水が貯まってしまいました。

何かのカスでも詰まっているのかと思い、パイプユニッシュなどを試しましたが、全く効果がありません。

 

スポンサーリンク

節水トイレのつまりの原因

仕方がないので、汚物処理などを担当する市の清掃業者を呼びました。

庭のマンホールを全て開け、「配管に大量のトイレットペーパーが詰まっています」と私に現状を見せてくれました。

確かに、配管はトイレットペーパーでぎっしり埋まっていました。これでは水が流れないのは当然、と言わんばかりの量。明らかに1日だけの量ではなく、積もり積もって、といった量です。

 

清掃業者による説明

清掃業者は私に言いました。

「最近のトイレは、エコモードで節水タイプのものが多い。それに伴ってトイレットペーパーを流すとき、節水して少量の水しか流さない家庭が多い

しかし結果として、トイレットペーパーが配管の最後まで流れていかず、途中で詰まる。同じような事象で、清掃業者を呼ぶ家庭は多いんです。

これを解消するには、毎晩寝る前に、トイレに用はなくても、1回「大」モードで大量の水を流すこと。あるいは、トイレを使用する際は、毎回常に「大」モードで流すこと。

これでも詰まったら、庭のマンホールを開けて、配管の途中からホースで水を流せば、詰まりは取り除けます」

 

建築会社へ現地調査依頼

建築した不動産屋に伝えて配管を見直してもらおうと思いました。

そこで不動産屋を家に呼び、事情を話して配管を調べてもらったところ、少し傾斜がゆるく、平行に近い状態で設置されているとの見解でした。

配管の傾斜を直す修理は出来るけれども、ようやく茂った芝を剥がし、その横の防犯砂利をすべてよけて、さらに人が一人頭まで入れるくらいの穴を掘らなければならない、ということで修理は諦めました。

 

節水トイレを検討する際は「つまりの原因」も抑えておこう

トイレットペーパーを毎回どの量で使用するかは、家庭によって違うし人によっても違いますが、節水モードのトイレで不具合が生じるとは思っていませんでした。

今では家族全員が、詰まり防止のため、常に「大」モードで水を流しているので全く節水トイレの機能を果たしていません。

住宅建築の際には、配管の傾斜やトイレの仕様などをよく検討するべきだったと後悔しています。

埼玉県A様より