知り合いのハウスメーカーで建てて失敗したなと思う注文住宅

山形県・M様より
中古住宅を買いリノベーションを考え、DIYも行おうと考えていたM様。
知り合いのハウスメーカーの社長の話を聞き、注文住宅を建てることになり・・・

スポンサーリンク

山形県・M様の注文住宅を建てた体験談

中古ではなく注文住宅へシフトした経緯

私たち家族がマイホームを夢見たのは今から1年半ほど前からです。

金銭面というのもありますが、最初のころ新築には全く興味がなくリノベーションをするための中古住宅を探していましたが、夫の知り合いがハウスメーカーの社長をしているので、これまで一連の話を聞いてもらいその社長がいうには、

「中古住宅は今リノベーションで人気があるが、耐久年数からするともう建て替えの住宅を見栄えだけよくしても、水道や床下など総取り換えとなる場合も多く、結果新築と同じくらい費用が掛かり、夏は暑くて、冬は寒い見栄えだけの家になる」

と力説され、だったら新築を建てようということになりました。

ただ私は金銭面だけで中古住宅にしたかったわけではなく、自ら住宅を作ってみたい、DIYをしたかったので、全て作りこむのではなく、作り棚は一切なし、壁も自分で漆喰を塗るといった箱物を作ってもらえるならということで、新築作りがスタートしました。

ハウスメーカーへの信頼感がなくなっていく

しかし実際に話が進み契約済むと、以前言っていた箱物のような家では完成展覧会で見せられないので、壁はクロスを貼ります、最低限見せられるように作りこみます、と新築を決意した条件を根底から覆され、

私が使ってほしかった日本産の玄関タイルは施工事例があるにもかかわらず、大工さんがやったことがないのでうちでは使えない、

小さい子供がいるので、寝室は一階に欲しいと何回も言っていたにもかかわらず流され、

一回ぽろっと話したお風呂から外が見えるように大きな窓が欲しいという案が採用。

このあたりからハウスメーカーに対しての信頼感は0でした。

キッチンはガスを希望したがIHになった

また主婦にとってキッチンはこだわりたいところだと思うのですが、私も料理が好きなので断然ガスがいいと思っていました。

以前の震災で一日電気が止まってもガスは使えたので、万が一のことを考えてもガスにしたいと伝えていたのですが、毎回オール電化押しで、経験が浅い会社だったので今までガスを施工したことがなく、オール電化の方がメリットが多く、その説明も油はねがほぼしないなど嘘まで言われ、ガスにしたいという意見は全く受け入れてもらえませんでした。

結局工事が始まるまでガスにしたいと言っていましたが、やり取りも面倒になりオール電化に折れることになりました。

しかし自分でオール電化について調べ、IHは鉄器が使えるなど料理好きにはうれしい情報もあり、こういったことを教えてくれれば、早いうちに考えたのに、とハウスメーカーの経験や知識の浅さにがっかりしました。

ローン金額が足りずもう一つローンを組む

一番大きかったのは、資金計画についてです。

他の部分は住んでから何とでもなると言えばなるので。

自分のハウスメーカーで建ててもらいたいからか最初は住宅ローンの借入金額を少なめにして、これで建てられますと言っていたのに、後々足りませんでした。

金額を決めたのはハウスメーカー側なのにまるで私たちが悪いような言い方で、結局、当初住宅ローンに含めてほしいと言っていた部分も入ってなかったりと、別にローンを組むことになりました。

それに気づいたのが土地の契約終了後でまるで詐欺にあったような気分です。

もう一度建てるなら実行しようと思う事項4つ

最後にもし私がもう一度家を建てるのであれば、

・ハウスメーカーを選ぶときは、知り合い以外の会社

・数社で相見積もりをしてもらい、対応を見る

・ここは絶対に譲れないというところは、口頭で伝えるのではなく箇条書きにして渡しておく

・大手の会社で報告、連絡、相談がしっかりしているハウスメーカー

この条件を踏まえてもう一度建てられるのであれば、大満足です

ただ本当にひどいハウスメーカーに当たったとは思いますが、これでも家の完成は楽しみです

ただリフォームが必要になってもこのハウスメーカーには絶対頼みませんけどね。


 



2つのブログランキングに参加中です


計画中ランキング
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村



スポンサーリンク