二世帯住宅間取りプランは急いで決めるものではなかった・・

2010年に主人の両親と同居するために注文住宅にてマイホームを建てました。

水場や玄関を別にすることも考えたのですが、土地の広さからして、無駄になるのではないかということから、二世帯同居ですがすべてを1つにし、普通の家を建てることにしました。

 

スポンサーリンク

設計の主な条件

家を作るにあたってこだわったのは、駐車場をつくること、ベランダを広く取ること、階段はリビングからあがること、一階には和室を作ること、外構には花壇を作ること、キッチンは対面式にすること、トイレは1階と2階、両方につけること、2階にも和室をつくること、私たちの寝室は大きく取ること、子供部屋は2つ作ること、収納スペースを多くとることと盛りだくさんでした。

これらの条件を建築士の方に相談し設計をお願いしました。

 

立地条件に対するプランニングと採光確保

我が家の土地は、やや斜めの道と、少し勾配の強い坂道との角地にありました。

そこで、少し勾配の強い方の道から入る方に玄関を建てると、かなりの土地を削り、擁壁にかなりのコストがかかってしまうことがわかりました。

そこで玄関はやや斜めの方の道から入り、車庫も玄関のすぐ隣に作ることにしました。

そうすることでコストは下げられましたが、南側いっぱいに家をたてることで隣の家との間が狭くなり、1階のリビングの日差しが少し弱くなってしまいました。

のちに思ったのは、南側の窓を作るときに、明るさを確保するため、上の方に小窓をいくつかつけておけばよかったかなと思いました。

 

スポンサーリンク

部屋数不足

また同居するには部屋数が足りないことも問題でした。父と母が別の部屋を希望したからです。

しかし、土地の広さは決まっているため、部屋を増やすことはできず、しかたなく、一階の和室を母に、二階にも和室を設け、そこは父の部屋にするとともに、子供が大きくなったら洋室に変更し子供部屋にするという条件でそうすることにしました。

二階に和室を作ると、畳の厚さ分を高くしなくてはならなくなり階段が少し急になるとのこと。

年をとった父が行き来するのには危ないため、畳の厚さを少し薄くして、将来洋室に変更するのも可能な設計にしてもらいました。

また部屋が6畳と狭いため、壁にかけるテレビをつけられるように、壁に補強をしてもらいました。

 

収納不足によりロフトを付けるも梯子は不便

各部屋にクローゼットや押入れをつけてもらったり、寝室にはウォークインクローゼットもつけてもらったりしましたが、収納スペースとしては全く足りない状況でした。

そこで、ロフトを広めに設計してつけてもらうことにしました。普段は梯子(はしご)を壁にかけ、必要なときははしごをかけて上り下りします。

のちに思ったのは、梯子ではなく、ちゃんとした階段でいけるようにしたらよかったと思いました。

季節ものの扇風機やファンヒーターなど、大きくて重いものを収納することが多く、梯子では大変不便だったからです。

また、はしごをかけるときはスペースの関係上、入り口ドアのところにかけなくてはならず、ドアをしめてはしごをかけると、後から入ってきた人が、ガツン!と当たってしまうからです。

 

スポンサーリンク

カウンターキッチンにして後悔

キッチンは、料理をするものが孤独を感じぬよう、子供達の顔が見えるようにと対面キッチンを強く希望しましたが、今はむしろ対面キッチンでなくてもよかったのではないかと思うようになりました。

というのも、対面キッチンにするとどうしてもそのぶんスペースを多く取らなくてはならず、ダイニングテーブルをおくスペースが人数の割に狭くなってしまうからです。

子供達がどんどんと成長して大きくなることを考えたら、対面キッチンでなくとも、スペースを広くとれる壁向きキッチンでもよかったです。

ただし、来客などがあった場合は、ごちゃごちゃとしたキッチン用品がみられないという利点もありました。

 

おわりに

 

土地を決めてから注文住宅の設計までに約三ヶ月から半年かかりました。

二世帯同居ということもありいろいろなところでもめて、嫌な思いもして苦痛な期間でしたので、急いで決めてしまったところも多かったです。

住宅を建てるにはやはり、たくさんの住宅を見て将来を想像し、じっくり時間をかけて考える心の余裕が必要なことだと思いました。

子供が小さいときに家を決めなければならない人がたくさんいるかと思いますが、子供をあやしながら家のことを考えるには想像以上に大変なことです。

人生においてかなり重要な存在であるマイホームです。心に余裕を持てるときに建てるのが一番だと思います。

埼玉県S様



2つのブログランキングに参加中です


計画中ランキング
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村



スポンサーリンク