ベランダはいらない!代わりにウッドデッキと室内干しスペース

みなさんは広いベランダが家にあったら使いますか?

アパートでも実家でも、必ずベランダはありました。モデルハウスには当然のように、机やテーブルも置けそうなほど広いベランダ。

洗濯物を干したり、布団を干したり、時にはそこでバーベキューも…と、広いベランダは新築時の憧れだったのですが、話し合った結果、私たち夫婦にベランダは「不要なもの」と決断しました。

その理由を紹介させていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

共働きなので、ベランダがあっても室内干し

平日はふたりとも遅くに帰って来るので、洗濯物を干しっぱなしにしておくこともできません。これがベランダ不要論の中の一番大きかった理由です。

アパートの時は、休日に天気がよければ外に干したりもしていましたが、水に濡れた重い洗濯物を洗面所から持って行くのは重労働でした。

また、花粉やがつく時期もあり、天気が良くても室内干しすることの方が多かったです

 

ベランダがコケまみれになる可能性

ベランダは狭いにしろ広いにしろ、掃除が必要です。

「広いベランダだと高圧洗浄機が入りますよ」と教えてもらい、それは便利だと思ったのですが、面倒くさがりな私たちの性格上、そんなにこまめに掃除することはなく、コケもきっとそのままになるだろうということで、やめました。

高圧洗浄機の蛇口をどこからとるかも、考えなければなりませんでした。

また、実際に設計してもらっていないので分かりませんが、多少の雨でも洗濯物が濡れないようにと、屋根の下にベランダがあるのが多かったので、もし作っていたら、日当たりの悪い場所ができ、イライラの種になっていたと思います。

 

スポンサーリンク

休日にベランダで日向ぼっこは年に何回?

ベランダで日向ぼっこは憧れかもしれません。最近は紫外線も気になります。休日が晴れてて、ものすごく暇で、ちょうどよいくらいにポカポカ陽気で、花粉も飛んでなくって…。

そんな日が、年に何回あるでしょう?数えるしかないその贅沢のために、日ごろのメンテナンスが欠かせないことを思うと、「まぁ、ベランダはなくてもいいか」という気分になりました。

 

ベランダの機能性をカバーする工夫を施す

以上の理由で、私たち夫婦にベランダは不要だという結論に達しました。

とはいえ、ベランダの役割としての「いいところ」は欲しい…。

そこで考えたのが、ベランダの代わりに1階に樹脂製のウッドデッキと、洗面所に室内干しスペースを作るということでした。

ウッドデッキも同じように掃除は必要ですが、1階なので、ホースで水をかけてブラシで磨けば、あとは自然に乾いてくれます。

日がよく当たるので、影になる部分がなく、じめっとしていないので、1年たちましたがコケは生えていません。

また、洗面所に作った室内干しスペースは、洗濯機から直接干せるので、便利です。どのみち室内干しのスペースは必要だからと、洗面所を広くとってもらいました。

換気扇もついているので、アパートの室内干しに比べれば格段によく乾きます。

ベランダの利点をよく考え、それをカバーする間取りを考えられれば、ベランダは不要なのではと経験として感じました。

兵庫県A様



スポンサーリンク