「オープンな間取り」の家の熱の動きを読み取り対策しよう


四季のある日本では、夏の暑さや冬の寒さは住みやすさに影響が大きく出ます。

近頃の住宅はどんどんと高気密、高断熱になっていますが、最近流行のオープンな間取りでは冷暖房効率を上げていくのは難しくなります。

オープンな間取りでの断熱性の上げ方を含めて解説します。

 

間取り設計などでできる家の熱対策

オープンで広々としたLDKではエアコンの効果が部屋の隅々まで届きにくくなります。

長方形だとエアコンの風力を最大に上げても反対側まで届かなかったりします。

冬の寒さは特にこたえますが、床暖房をつけることで寒さは改善されます。

また、オープンなリビングダイニングを吹き抜けにするとエアコンの効率がなおさら悪くなります。暖かい空気は上へと上っていくからです。

また、オープンキッチンでは夏になると料理の熱が気になります。

LDK中に料理の熱が広がっていきますし、特にキッチンはエアコンをかけていても夏場は暑くなります。

明るいリビングは理想ですが、南面の窓を大きくしすぎるのも禁物。日が差して暑くなります。

オーニングを取り付けることで随分と改善はされます。

空間を広く持とうとロフトを作る動きがありますが、夏場は上は特に暑くなりますし、屋根裏が無い作りだと特に屋根付近は太陽の熱がじわじわと伝わってきます。

物置としては使えますが、人の住空間としては夏場は厳しくなることも想定しておきましょう。

南向きの建物で東向きの部屋、西向きの部屋の両方は角部屋なので空気が抜けますが、真ん中の部屋の換気をするためには一つの窓では空気が抜けません。

窓を2つ以上意識して付けるなど工夫しましょう。

 

家の間取り図からも熱情報を読み取ろう

家の間取りを見る時に吹き抜けがある家では、吹き抜けから熱がどの部屋に上がっていくか間取り図に書き込んで工夫をしましょう。

熱がこもりがちな部屋やロフトは、熱気を抜く窓を設置すると改善されます。

吹き抜けなど、オープンな空間は部屋の広さだけでなく吹き抜けになっている部分までを考え、広さに適した冷暖房器具を設置しましょう。

栃木県O様