照明スイッチの位置が思ったところにないとストレスになる


新築時に決めることの中に、照明の種類とスイッチの位置を決める項目があります。

オシャレな照明のカタログを見せてもらいながらイメージしたのは、間接照明がきいているお部屋。オレンジ色の光が優しそうでした。

当然、メイン照明のつもりで、いくつかの方向から入り切りできるようにスイッチの位置も決めました。

しかし実際の生活でメインに使っているのは、一応つけておいただけの白色の光の照明。

メイン照明のスイッチは生活動線から外れた所にしか設置していなかったので、今、小さなストレスを抱えています。

 

間接照明を使ったオシャレな空間に憧れて

間接照明はオシャレです。カフェでも、少し暗いぐらいが気持ちが落ち着くと感じていました。

カフェのような落ち着く空間にしたくてオレンジ色の間接照明をメインに生活すると決め、照明の位置やスイッチの位置を決めた私たち。

それでも白い照明を設置したのは、子どもが生まれたらダイニングテーブルで勉強させたいと思ったから。

でも、せっかくオシャレにまとめた照明を邪魔するのが嫌だったので、ダイニングテーブル側にひとつだけ普通の白色照明を取り付けました。

その時は、まさかそっちがメインになるとは思ってもいませんでした。

 

結局メインになったのは、一応設置した白い照明

自分たちで決めたことなので、多少なれなくても間接照明で暮らすだろうと思っていました。薄暗いのにもいずれ慣れると思ったのです。

ところが、気づけば私たちが使っているのは、白い照明。食事のときも白い照明、リビングにいるときも白い照明、家に帰った時にホッとするのも白い照明。

間接照明の邪魔にならないようにとダイニング寄りにつけたので、リビングまでには少し光が届きません。

こんなことならリビング寄りにつけておけばと後悔しました。

 

照明スイッチの位置は生活動線上に設置せよ

 

メインが白い照明になることを予想していなかったので、白い照明のスイッチは、帰宅してからダイニングに向かうまでの生活動線から少し外れた位置にあります。

当然ながら、メインのスイッチは生活動線上にあった方が使い勝手がいいです。

決めた当時は白い照明がサブだったので、そこは誤算でした。

とはいえ、メイン照明を点けに行くのが面倒になるほどスイッチは遠い位置にはないので点けに行くのですが…。

その3歩が惜しくてなりません。

 

あの時、照明のスイッチ位置も現実的に考えていたら

白い照明のスイッチ位置を増設してもらえないか尋ねましたが、それは難しいとのことでした。

多少不満はあるものの、それでも私は白い照明が無かったよりは良かったかなと思います。

現実的に考えれば、これまで生活のメインだった白い照明を突然切り離せるはずがありません。

オシャレな生活に少し憧れを抱きすぎていたのが、原因だと思います。

 

生活動線を考え照明スイッチの位置を考えよう

照明スイッチが思った位置にないというのは、わりとストレスです。

照明は毎日つけるもの。普段の生活を現実的にイメージしながら、照明の種類・スイッチの位置を決めてほしいと思います。

兵庫県A様