地元工務店で後悔。不動産会社からの紹介だったことも原因

戸建のダイニングスペースの様子



「流れで地元工務店で注文住宅を建てたが、最終的には後悔してしまった」という体験談のご紹介です。

それではどうぞ。

体験談:地元工務店で建て後悔。身に染みた情報収集の大切さ

大阪府K様

マイホーム探しは色々な不動産屋さんを回ったりしていましたがなかなかいいところが見つからず、友人に不動産屋さんを紹介してもらい、自分が住みたいところで土地を探してもらいました。

しかし自分が思う場所での土地がなく、しょうがなく違う場所での購入を検討していたところ、たまたま一番住みたい場所で土地が見つかりました。

そこで直ぐ、土地を押さえてもらい建設が始まりました。

工務店との打ち合わせでは噛み合わず

見積もりや、部屋の配置などを何度か変更してもらったり、何度も設計図面を書いてもらったりしました。そして工務店さんとの打ち合わせを数回していたのですが…。

打ち合わせに行くと責任者のかたと話をするのですが、何度か「こちらの話が通じてないのか?」「理解してくれていないのか?」そんな事がありました。

少し不信感を抱いたりもしましたが、私は気になることは聞く方なのでその都度解決したつもりでした。

引っ越し。外構工事が未完了・水回りのトラブル

そして数か月してようやく完成し、引っ越ししようとしたら、なんと外構が終わっていない。ということが起きました。

(関連記事:引渡し日。外構工事が終わってないのでクレームをいれてしまった)

(関連記事:マイホーム引っ越し後に外構工事という失敗は絶対しないで!)

引っ越しの日は早めに決めていたし了解をもらっていたのに。それに、建設途中、何度も見に行って大工さんとも仲良くなっていったのですが、なんと水回りのトラブルも続出しました。

洗面台を置く位置を勘違いしたらしく左右逆に配管の穴をあけていたのです。本当に驚きました。洗面台を置く位置を間違えるなんて。

なので我が家の洗面所には見えない穴が1つ余分に開いているのです。さすがに不動産屋さんに苦情の電話をしました。でも空いた穴は戻りません。それもあまり謝罪もなく。

さらに、住み始めて水道が出ない。住み始めて数日でトイレの水が流れない。さらには洗濯機の水道が出ない。洗面所やお風呂、台所の水が出ない。

もうあきれ果てました。何度工務店さんに来てもらったかわからないほどでした。水回りのトラブルの原因は、取り付けた時の部材が詰まっていたそうです。

なんていい加減なんだろう。最後の方にはあきれて諦めモードに入ってしまうほどでした。



スポンサーリンク

不動産会社・工務店の情報収集をすればよかった

今となっては住み慣れたマイホーム。欲しくて欲しくてようやく手に入れたマイホーム。トラブル続きだったけど、少しの値引きで手を打ちました。

何かと不安もまだ残っていますが今更どうすることもできないので、早まらずにしっかりと検討してから工務店へお願いするべきだったと思っています。

友人の紹介ということもあって信用しきっていましたから。

やはり大きな買い物です。しっかりと不動産屋さん・工務店をみて、人の意見もたくさん聞いて検討すべきだと思いました。

でも、よほどではない限り、注文住宅は1軒目では満足いく形にはならないとよく耳にします。私がお願いした工務店は小さく地元でやっている工務店でした。

会社の同僚にもマイホームを購入した人がいます。大手の工務店に建ててもらったようですが、結局不満がいくつもあるらしいです。

(参考記事:【不動産会社選び】マイホーム購入でのみんなの体験談まとめ)





戸建のダイニングスペースの様子
ストレスのない物件探し!

東京23区でマイホーム購入を考えているあなたへ。

原則、仲介手数料『無料』or『半額』

物件情報を自動配信しております。

①最新情報

②価格変更

電話番号・住所登録も不要!

詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。