設計注意点「コンセントの数と位置」「照明スイッチの位置」


最近ではどんどん電気で動くものが増えて、古い実家などでコンセントが足りなくてたこ足配線になっていたり、適切な所にコンセントがなくて延長コードで何メートルも引っ張っているなどということがあるのではないでしょうか。

こうなってしまうと見た目の悪さや使いにくさだけでなく、火災の危険性さえもあります。生活の便利さを大きく左右するコンセントや照明スイッチは住宅計画の後半戦で決まってきます。

 

注文住宅の設計でコンセントと照明スイッチを意識しよう

トイレの照明スイッチが開いたドアに隠れてしまう位置にあると使いにくくなります。スイッチやコンセントの位置は壁紙を貼る前に確認をしておきましょう。

また、よく考えていたつもりでも家電製品の細かな配置まで考えていないことも。テレビなどはアンテナケーブルの長さで映りも変わりますので、間取り図にはテレビなどの家電も書き込んでみましょう。

ダイニングにもテレビが必要な場合は、配線を別にしておきましょう。食事中や食器洗い中にテレビを見たくても遠くの大きな画面で見るということになりがちです。

デザインを重視してコンセントの4隅だけに設置する動きもありますが、掃除機などは部屋の中央に一つあればそこから部屋の四隅まで掃除機が届きます。

玄関のスイッチが室内側に寄りすぎても、使いにくくなります。真っ暗な中でスイッチを探す距離が長くなるからです。

キッチンなどの水回りのコンセントは水かぶりなどの配慮が必要ですが、ミキサーなどコンパクトな調理機材をたまに使いたいときのことも考えておきたいですね。

家具と家電配置は図面に書き込んでみて必要な数のコンセントがあるか確認しましょう。そのために、使う家電をリストアップしておくと、数の間違いが一目で分かります。

また、掃除機をかける際、家全体を見回してコンセントの抜き差しが何回ぐらいになるかも考えましょう。

照明スイッチの位置はドアを開けたときのドアの裏も注意が必要です。帰宅したときや就寝するときなど、生活動線を書き込んでみてスイッチのオン/オフをイメージしてみましょう。

栃木県O様