家の明るさをよく考え光の取り入れ方も工夫しよう

『家の明るさ』というのは注文住宅を建てる人はみんな興味のあるところだと思います。

このページは注文住宅を建てた『栃木県O様』より頂いたアドバイスを掲載しています。

スポンサーリンク

アドバイス:家に光を取り入れ明るさを確保しよう

家の光の入り方は窓の大きさや周囲の環境や建物によって変わります。

また冬は太陽が低くて夏は高いところから日が入ります。

さまざまなシーンを想像して家造りの工夫をし、明るさを確保できるようにしましょう。

 

玄関の方角にもよりますが、北や東西だと玄関は昼間でも暗くなりがち。外壁と接するのが玄関ドア部分だけだとなおさら暗くなります。

ドアや床のタイルの色が濃い色だとまたさらに暗くなりますので、北玄関の色は気をつけましょう。

開放的なリビングは今の流行で高い窓(ハイサッシ)を導入するケースも増えてきていますが、大開口にするとその分、光もたくさん入ってきます。

特に夏の直射日光は部屋の温度のことだけではなく、紫外線なども気になってきます。

子ども部屋もオープンにしておき、将来建具などで部屋を分ける場合などにも、南北で部屋を仕切ると北側の部屋が暗くなり、南側の部屋は夏暑くなります。

トップライトはデザインが綺麗ですが、費用も高め。南側で十分に明るい空間であれば設置は控えてもいいでしょう。

参照:トップライトとは | SUUMO住宅用語大辞典

トップライトとは、天窓やルーフ窓(ルーフウィンドウ)とも呼ばれる、屋根(上方)に取り付けられた窓のこと。

西側の高窓も要注意です。高窓は開閉やカーテン・ブラインドの開放が難しくなります。特に夏は西日がまぶしく、夏は暑くなります。

テレビの上に窓を設ける時も注意が必要です。昼間まぶしくてテレビを見ながら朝食をとれなかったりするので、昼も夜もカーテンは閉めっぱなしということもありがちです。

時間と季節によっても家の明るさは変わる

昼間の光の入り方は東西南北を考慮しながら図面に書き込んでみましょう。時間の移り変わりとともに光の入り方も変わってきます。

朝と夕方の線も書き込みましょう。

視線を遮りながら光を受けたい場合はスリット窓が有効です。外壁に接しない部屋や通路には光を取り込むための工夫が必要です。

トップライトの下は紫外線で日焼けしやすくなるので日焼けの気になる家具を置かないようにしましょう。

 

時間と季節で光の室内への入り方は随分と変わってきます。

休日は外出が多い、反対に昼間も家で過ごすことが多いなどの場合も考えながら採光のことは考える必要があります。

【関連】日当たりの悪い家を買わない対策とは!?お日様を買い逃すな!



スポンサーリンク