マイホーム、収納不足・スペース不足・コンセント不足

私は注文住宅で長年の夢だったマイホームを建てましたが、失敗したなと思う点がいくつかあります。それは3つの不足です。

スポンサーリンク

収納不足・スペース不足

まずは間取りです。収納スペースが少なかったため物がしまえなくなってしまい、部屋が物であふれかえっています。

賃貸に住んでいた頃は狭かったので、あまり物を買っていませんでしたが、マイホームを建て広くなった事で物が増えました。

しかし収納スペースが少ないためしまう事が出来ないので、もう少し収納スペースを作っておけばよかったなと後悔しています。

そして新しく買った家電が今まで置いていた場所に収まらなかったので、もっと余裕をもって広めにスペースをとっておけばよかったと思います。

 

コンセント不足と配置の悪さ

あとは、コンセントの配置をあまり考えていなかったので、完成後に実際に住んでみて後悔しました。

キッチンでコンセントを同時に使おうと思っても数が足りないので、わざわざ一つ抜いてから使わないといけなく、毎日のことなのでとても面倒くさくてストレスを感じます。

もっと設計をしていく段階で、家具やコンセントの位置、数をしっかりと頭の中でイメージをしてしっかりと考えて決めておけばよかったと思いました。

 

注文住宅において準備不足だった

あとで知り合いの建築家に聞いたら、家具と家電の配置をまず図面に書き込んだり、掃除機をかけるコンセントの抜き差しの回数が少なくて済むかを考え、必要なコンセントの数があるかなどを事前に調べておく必要があると言われました。

使う家電を書き出し配置も考え、コンセントの数と位置も設計時に十分シミュレーションしておくべきでした。

そして常に出しておく家電だけでなく、季節によって使う使わない家電も把握した上で考えるべきだと反省しました。

 

おわりに

これから家づくりをする人は、考えすぎると楽しいはずのマイホーム作りがストレスや苦痛になってしまうので、経験者の意見も参考にしながら家族や設計者と一緒に知識ややりたい事を共用しマイホーム完成まで楽しく家づくりができるといいですね。

和歌山県・女性

【関連】

新築住宅のコンセントの数や位置は非常に重要なポイントだった

【後悔済み】リビングに収納は必要だと痛感。実家暮らしでは気づかない



スポンサーリンク