月6千円の電気代で後悔なし!新築オール電化のすすめ!

IHコンロの上にフライパンが1つ置いてある

マイホームを買う時に熱源をガスや灯油にするか、もしくは電気にするか考えていらっしゃいますか?

今回は新築注文住宅でオール電化にした方の体験談の紹介です。

  • ランニングコスト
  • 節約
  • 安全性
  • 弱点

このような内容になっておりますので、是非参考下さい。

スポンサーリンク

体験談  新築はオール電化にして後悔しらず!

大分県・女性

最近はいわゆるオール電化が主流になってきましたが、ガスや灯油にこだわりのある方もいると思います。そんな方にも是非オール電化を検討して頂きたく、その重要性や便利さ、電気代に関してなど、私が実際に感じたことをお話したいと思います。

オール電化のランニングコスト

まずオール電化の素晴らしいポイントはそのランニングコストです。

賃貸住宅でガスや灯油をご利用されている方はおそらく4人家族で5千円~1万円程度、もしくはそれ以上の料金を電気代とは別に支払っている方も多いのではないでしょうか。

これをエコキュートやIHクッキングヒーターに置き換えた場合、3千円~4千円程度の電気代でお風呂や料理に要する光熱費をまかなうことが可能となるのです。

もちろん使用方法やライフスタイルによって若干の誤差はありますが、我が家では実際にその他の電気使用量を含んでも月の電気代が6千円程度で収まる月も少なくありません。この点は実際に使用してみて本当にびっくりしました。

オール電化の安全性

次にオール電化の安全性です。ガスコンロと違い、火の出ないIHクッキングヒーターを使うことで火災のリスクを大幅にカットできます。もちろんチャイルドロックや過剰な加熱防止機能もあり、小さな子供がいても安心安全です。

また、ガスや灯油ボイラーと違い、エコキュートなら不完全燃焼や発煙、発火の心配もなく、さらに火災のリスクを減らすことができます。

オール電化で節約

そして便利さと生活の質の向上です。私が一番感動したのが最新のエコキュート、自動湯張りはもちろん、湯量、湯温の自動管理から排水時の自動配管洗浄まで、全てが自動なのです。

しかもその家庭で使用する一日の湯量を学習して最適な湯量を沸かしてくれ、エコキュート自体が電気代の節約を行ってくれます。この機能が最初に説明したランニングコストの節約につながっている訳です。

燃料の残量を気にすることもなく、快適な生活を送ることができています。

オール電化の弱点は停電

しかしながら、全ての熱源を電気に依存するため停電が弱点になります。そんな時は太陽光発電や蓄電システムを合わせて導入することでそんなリスクも回避することができるのです。

関連記事⇒太陽光発電と蓄電池システムを搭載した私なりの考え方

 

まだまだ全てを語りつくせた訳ではありませんが、是非ともマイホーム購入の機会にはオール電化での快適な生活を検討して欲しいと思います。

体験談おわり

 

体験談まとめ

オール電化で新築を建てた体験談でした。最後に体験談のポイントをまとめておきます。

オール電化の新築
  • ランニングコストは素晴らしい
  • 火災リスク軽減、子育てを考えても安全
  • 節約につながる
  • 弱点は停電だが回避方法もある



スポンサーリンク



IHコンロの上にフライパンが1つ置いてある