住宅関係者が教える!システムキッチンおすすめメーカー7選!

住まいの計画をたてるときに女性がもっとも気になる部分のひとつは「キッチン空間」ですよね。

使いやすくて、お手入れも楽に、そしてデザインもお洒落なキッチンにあこがれます。

システムキッチンメーカーといっても国内だけでもたくさんあり、どこがおすすめのメーカーなのか、自分だけではなかなか判断するのが難しい面もあります。

ここでは、コストバランスが優れたシステムキッチンメーカーなど、新築でも人気の高いシステムキッチンを中心にそれぞれ比較しながら厳選してご紹介します

これから住宅設備を検討される方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

システムキッチンおすすめメーカー①「Panasonic-パナソニック」

イメージ参照元:http://panasonic.jp/

パナソニックはシステムキッチンはもちろん、ユニットバスやトイレなど、様々な住宅設備を取り扱う国内大手の設備メーカーです。

何かに特化しているというよりは、なんでもバランスよくそろえている、使いやすいメーカーではないでしょうか。

住宅用でのパナソニックのシステムキッチンには、

  • 最上級グレードのL-クラス
  • 中間グレードのラクシーナ
  • お手頃グレードのV-Style
  • リフォームにおすすめのリフォムス

と大きく4つのシリーズ展開があります。(2017年現在)

パナソニックのシステムキッチンの特徴

パナソニックのシステムキッチンの特徴は、お手入れのしやすさをきちんと考え、細かいところにも工夫がある点です。

例えば、シンクと天板カウンターの継ぎ目部分に隙間がなく、汚れがたまるのを防ぐ「スキマレスシンク」などがあります。

また、扉のバリエーションもかなり多く用意されており、艶のある鏡面仕上げから、木目の美しいウッド調まで、選びやすいカラーがそろっています。

システムキッチン本体そのもののデザイン性にもセンスがあるのも、パナソニックの特徴のひとつです。

パナソニックらしいカチッとしたつくりで、特にL-クラスのキッチンでは、このグレードでしか対応できないデザインや人造石のカウンターの素材などもあり、見た目にもこだわりたい方にも満足感が高いです。

 

システムキッチンおすすめメーカー②「クリナップ」

イメージ参照元:https://cleanup.jp/

クリナップは、キッチンに特化したシステムキッチンメーカーです。

バスルームなどの取り扱いもありますが、特にキッチンに関して力をいれています

クリナップのシステムキッチンは、

  • オールステンレス製の最上級グレードのS.S.
  • 中級グレードのステンレス製キッチンのクリンレディ
  • お手頃グレードのラクエラ

3つのシリーズ展開があります。(2017年現在)

クリナップのシステムキッチンの特徴

クリナップの特徴は、なんといってもシステムキッチン本体がオールステンレス製(ラクエアを除く)という点です。

永年の技術力とキッチンに対する強いこだわりのある、しっかりとしたつくりになっています。

ステンレスということから、お手入れのしやすさや、清潔な状態を維持できるという点が特徴となっています。

以前からの根強いファンも多いですね。意外とお料理をする男性の方々に人気があるようです。

厨房のキッチンのように、ガツガツと使いたい方などにはステンレス製のキッチンはとても魅力的ではないでしょうか。

伝統的な技術力はそのままに、キャビネットを一般的な素材でつくられているラクエラも、クリンレディからでたお手頃なシリーズとして人気があり、住宅メーカーさんなどでも採用率が高くなっています。

 

スポンサーリンク

システムキッチンおすすめメーカー③「TOTO」

イメージ参照元:http://www.toto.co.jp/

TOTOといえばトイレが大変有名ですが、システムキッチンやお風呂なども多く取り扱っている国内大手の設備メーカーです。

TOTOのシステムキッチンは、

  • 最上級グレードのザ・クラッソ
  • 中級グレードのミッテ

2つのシリーズ展開があります。

他のメーカーとは違い、中級グレードの下にお手頃グレードと言われるものがなく、その分、機能性やデザイン性にもきちんと力をいれたキッチンを提案しています。(2017年現在)

TOTOのシステムキッチンの特徴

TOTOのシステムキッチンの特徴は、TOTOらしい優等生のようなきちんとしたつくりです。

また、どの年代にも使いやすいとされるユニバーサルデザインを盛り込みながら、機能的に使えるシステムキッチンになっています。

特に、上級グレードのザ・クラッソのシステムキッチンでは、扉の種類が豊富で、ハイグレード鏡面仕上げから、木目のもの、マット仕上げなどきっとお気に入りの扉が見つかります。

キッチンキャビネットの引き出しなどの横のラインをしっかりそろえる並び方にしていることも、デザイン性にこだわる方にはポイントが高いのではないでしょうか。

細かい部分ですが、こういった部分で見た目の高級感が違ったりします。

トイレやお風呂などで人気があり注目されるTOTOですが、キッチンにも意外と力を入れている、これからも楽しみなメーカーです。

システムキッチンおすすめメーカー④「LIXIL-リクシル」

イメージ参照元:http://www.lixil.co.jp/

LIXILは、以前はINAX(イナックス)という社名でしたが、大手の建材メーカーやキッチンメーカーなどとグループ提携し、数年前にLIXILという社名になりました

LIXILのシステムキッチンは、

  • 最上級グレードのリシェルSI
  • 上級から中級グレードのリシェルPLAT
  • 中級グレードのアレスタ
  • お手頃グレードのシエラ

4つのシリーズ展開になっています。(2017年現在)

LIXILのシステムキッチンの特徴

LIXILのキッチンは、キッチン本体に木調のカウンターを延長してつけたり、シンクの中でプレートがスライドし、一度に同時進行しながらお料理ができるWサポートシンクを採用するなど、他のシステムキッチンメーカーとは少し違った提案が特徴です。

機能的に使うためのアイデアをたくさん盛り込み、また扉や天板カウンターなどの素材にも多くのバリエーションをそろえています。

最上級グレードのリシェルSIでは、ここ最近のトレンドでもある大判のセラミックタイルを天板カウンターに採用するなど、最新の素材の提案にも積極的です。

お手頃シリーズのシエラでも、基本的な機能はしっかり標準装備されており、幅広いシリーズ展開で予算に合うシステムキッチンが選べそうです。

スポンサーリンク

システムキッチンおすすめメーカー⑤「タカラスタンダード」

イメージ参照元: http://www.takara-standard.co.jp/

 

タカラスタンダードは、キッチンやお風呂など住宅ではかなり前からよく使われているメーカーです。

タカラスタンダードのキッチンは、

  • 最上級グレードのレミュー
  • 上級から中級グレードのエマージュリテラ
  • お手頃グレードのエーデルリフィットフェスカ

の主に6つのシリーズで展開しています。(2017年現在)

タカラスタンダードのシステムキッチンの特徴

タカラスタンダードのシステムキッチンの最大の特徴といえば、ホーロー素材を使っていることです。

ホーローとは、金属をガラス質の素材で包んでコーティングされて作られた素材で、金属なので、かなり丈夫であるということ、炎にも強く、また、マグネットが使えることなど、金属ならではの使い勝手があります。

6つのシリーズのうち、扉などにホーローを採用しているのは、最上級グレードのレミューの他、エマージュとリテラ、エーデルの4つになっています。

他、リフィットとフェスカの2つのシリーズは、一般的なキッチンの素材でのつくりになっています。

ホーローという素材により、扉のカラーの色合いは実に個性的です。

淡い柔らかな表情のカラーが多く、年齢を選ばす好みのカラーを選ぶことができそうです。

また、金属でできたホーローは金槌(かなづち)でたたいても大丈夫バーナーで焼いても大丈夫とアピールしています。

ショールームにいくとこういったすごいデモストレーションをしてくれることもあります。

システムキッチン本体の機能的な部分では、お手入れなども含み、基本的な機能は過不足なく採用されています。

このホーロー素材にこだわりがありますので、好みが分かれるメーカーかもしれません。

システムキッチンおすすめメーカー⑥「トーヨーキッチン」

 

イメージ参照元:http://www.toyokitchen.co.jp/ja/forum/

カタチも素材もかなり特徴的なスタイルのなのがトーヨーキッチンです。

こちらのシステムキッチンはデザイン重視ですね。価格的にも高級キッチンのグレードになり、最上級はかなりのお値段になります。

トーヨーキッチンのシステムキッチンの特徴

トーヨーキッチンの特徴は、びっくりするほど大きな3Dシンク、4Dシンクという特殊なカタチのシンクを採用していることです。

また、扉の面材もキラキラした素材や鉄のような素材などデザイン性のものが豊富で、人と違ったお洒落なシステムキッチンにしたいという方にはおすすめです。

スポンサーリンク

システムキッチンおすすめメーカー⑦「ウッドワンキッチン」

イメージ参照元:http://www.woodone.co.jp/

ウッドワンというメーカーにあまりなじみがないかもしれませんが、フローリングや室内ドアなどの住宅の建材ではごくごく一般的なメーカーです。

ウッドワンのシステムキッチンの特徴

ウッドワンが展開しているシステムキッチンがスイージーというシリーズのシステムキッチンになります。

天然の「木」という素材を前面にアピールしたシステムキッチンで、無垢の木をつかった温もりのあるキッチンが特徴になっています。

決まった寸法のシステムキッチンサイズもありますが、全体的にかなり自由度が高く、いろいろなオプションを選びながら、オーダー感覚で選ぶこともできますので、自分だけのキッチンを求めている方にも楽しく選ぶことができるのではないでしょうか。

システムキッチンおすすめメーカーランキング

最後に、機能性、デザイン、コストパフォーマンスなどから、住宅関係の仕事に携わる私なりに、総合的におすすめ度が高いシステムキッチンメーカーをランキングしました。

3位

TOTOのシステムキッチン

しっかりしたつくりとデザインも合わせて優秀なのですが、販売コストは少々割高感があります。

2位

クリナップのシステムキッチン

オールステレスということを考えると他メーカーより少々割高でも選ぶ価値はありそうです。

1位

パナソニックのシステムキッチン

選べるバリエーションの多さ、自由度、コストパフォーマンスなどがやはり使いやすいです

 

システムキッチンメーカーを調べたら実際にショールームにいき、いろいろじかに触れて機能などを確かめることが一番です。

大きな買い物になりますから、じっくりと検討してみましょう。

住宅関係勤務・京都府・女性I様



2つのブログランキングに参加中です


計画中ランキング
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村



スポンサーリンク