間取りのアドバイスを6つ!~家を建て終えて~


これから、マイホーム購入をお考えの方への「間取りのアドバイス」です。

私が購入した一軒家は、注文住宅でした。購入当時は、自分の望むようにプランを考えていただけるという事に、大変魅力に思いました。

一応、最初に設計士さんが考えられた間取り図面があり、そこから購入者の希望により部分ずつ変更してもらえる進み方でした。

自分で、考えて思い通りの自宅に夢膨らませ満足のいく一軒家の購入でした。

しかし住んでみると、やはり私の素人考えでは住みにくい間取りになってしまい、後から考えさせられる事がたくさんありました。

もし次に新しい一軒家を購入する事があれば、もっと住みやすい使い勝手の良い間取りにできると思います。

それでは、これから一軒家を購入される方へ間取りのアドバイスをしたいと思います。

私なりの間取りアドバイス6選

①玄関の向きは西側以外が良い

なぜなら、午後は西陽がきつくあたり、来客の時に、暑くて申し訳ないです。

②1階にリビングダイニングと和室2部屋は必要

私は広さに憧れリビングをワンフロアの間取りにしましたが、それはかなりの失敗です。

常に散らかり部屋は片付かないのに、急な来客の時に大変困ります。

和室があれば問題ないです。できれば玄関ドアを真ん中に右と左に分けて2ルームがベストです。

③対面式キッチンはお勧めしません

部屋の中に向けて調理する対面キッチンは、雰囲気も良く憧れていました。

しかし、部屋の中全体に換気扇から漏れた油の煙がまわり、部屋の中の壁から天井まで知らぬ間に油で汚れがつき、べたべたになっていきます。

キッチンは、設計士のお勧めの壁に向かってのプランが良いです。

④2階に子供部屋を作るなら各部屋狭く

なぜなら、子供が部屋の中にこもる時間が少なくなり、リビングで家族と過ごす時間がたくさんつくれます

あまり居心地が良すぎる子供部屋は、子供をかえって孤独にさせてしまう恐れがあります。

⑤ベランダは2階と1階に

朝忙しい主婦には、雨の心配のいらない小さな洗濯干し場が1階にあるととても助かります。

屋根付きの小さな干し場が良いです。

⑥夫婦の寝室は広くする

第2のリビングになるくらい広く快適に作ります。

たまには、子供達を招いてお泊まり気分で賑やかに眠りにつくのも子供達には楽しい一つの出来事になります。

特に、光熱費の高い夏休みには、家族みんなで寝室で夜を過ごすのも楽しいものです。

ささやかな間取りアドバイスとなりましたが

ささやかな間取り設計のアドバイスですが、新居購入の方へ少しでもお力になれたなら嬉しく思います。

どうか、設計士さんのアドバイスを聞き入れながら、素敵な一軒家をお建てください。

千葉県・女性