「転職したら?」ハウスメーカー営業マンの本音が炸裂した!!(怒)

「転職したら」と言われビックリしてあいた口がふさがらない男性

今回はハウスメーカーの営業マンに予想もしないような“本音”をぶつけられた体験談の紹介です。

こんな営業マンは滅多にいないはずですが…。。

スポンサーリンク

体験談:ハウスメーカー営業マンに本音をぶつけられるとは…

長野県K様

これは私がマイホーム計画を始めたばかりの頃、いくつかのハウスメーカーや工務店を回っていたときの話です。

A社はインターネットの口コミでも悪い評判はなく、「高気密・高断熱」をウリにしている人気のハウスメーカーでした。

関連記事:高気密・高断熱住宅のメリット・デメリットは?体験談も紹介!

いくつか検討しているハウスメーカーの候補のひとつとして、私は軽い気持ちで近くの住宅展示場へ足を運びました。

最初に対応してくれた営業マンは物腰の柔らかなベテラン風の40代男性で、丁寧に住宅展示場の中を案内してくれました。
A社が高性能を誇る仕組みも分かりやすく教えてくれました。

まさか私たち夫婦が後に、世に名の知れたハウスメーカーに勤務するこのベテラン営業マンから衝撃の「本音」をぶつけられようとは思ってもみませんでした。

 

ハウスメーカーの見積もりで現実を知る

 

住宅展示場に足を運んでからというもの、魅力に惹かれ、「A社で建てたい!」という気持ちが強くなっていきました。
このとき同時進行で検討していた他のハウスメーカーにも、それほどの魅力を感じなくなってしまっていたのです。

二回ほど打ち合わせをしたあと、A社の見積もりが出ました。

夢の高性能住宅が、予算内で建てられる!

とわくわくしていましたが、現実は甘くありませんでした。

 

ハウスメーカー営業マンの本音が炸裂!!

確かに見積もりは最初に伝えた予算内。

しかし各項目を見てみると、窓サッシ・断熱材・外壁材それぞれ、最初にベテラン営業マンが批判していたようなローコストメーカーと同じものになっていました。

あれ?『高気密・高断熱』の設備が全然入っていない。。

自分たちの予算だと、やはり高性能住宅は無理なのだろうかと落胆しました。

しかしA社の施工技術に関しては信頼できるものだったので、性能を落としてもここに決めようかと悩んでいると、

うちの会社に転職しますか?こんな家くらい、すぐに建ちますよ

と、彼は笑って言ったのです。

 

スポンサーリンク

ハウスメーカー営業マンの本音の意味

スーツを来たハウスメーカー営業マンの腹の中に“本音”の文字

一瞬言っている意味が分からずポカンとなりましたが、彼はハウスメーカー営業である自分の給料が高いということを言っていたのです。

そしてなんと、夫の給料が安いから転職すればいいと面と向かって言っているのだと気付きました。

夫の仕事を、バカにしているのか(怒)!!!

馬鹿にされ指を指して怒る女性

と怒りが湧き上がりました。

目の前で空気を読まずに本音を堂々と言い放ち、へらへら笑っている営業マンの人間性も疑いました。

 

そのハウスメーカー営業マンとは当然サヨナラ

たしかに夫の給料は平均より低いですが、熟練された技術職で誰にでもできるものではありません。
私は夫の職人としてのその仕事を誇りに思っているし、もちろん給料を悲観したことはありません。
他人にバカにされる筋合いなどないのです。

夫は感情を表に出さない性格なので、気にしていないようにも気付いていないようにも見えました。

しかし私はそのハウスメーカー営業マンに二度と会いたくないと思い、それ以来A社に行くことはありませんでした。

 

 

スポンサーリンク

ハウスメーカー営業マンと良い信頼関係を築くことが大切

赤ちゃんと手をつなぎ“信頼”を表している

営業マンとの相性でハウスメーカーを決めるという人は意外と多いものです。

それはわがままのようですが、マイホームが完成するまでは何十回も打ち合わせを重ねていく必要があるので、営業マンと良い信頼を築けなければ納得のいくマイホームはでき上がりません

お客さんの仕事をバカにする。
営業マンとして、いや、人としてあるまじき行為です。

本音を言いたい放題言える世の中など存在するわけがありません。

そんな非常識な営業マンと信頼関係なんて結べませんし、ハウスメーカーとしての評判も悪くなっていくに違いありません。

【関連】ハウスメーカー営業マンはしつこかったがどんな家を建てたいかを優先



スポンサーリンク



「転職したら」と言われビックリしてあいた口がふさがらない男性