ZEH(ゼッチ)の普及によって電気代を数百円/月にすることができた!

【注文住宅でZEHを建てた大分県・男性より】

住宅の建築や購入を検討される皆さんも普及し耳にされる機会が増えたと思います、『エネルギーゼロ住宅』いわゆるZEH(ゼッチ)住宅に関してその重要性をお伝えしたいと思います。

私も住宅を建築する際、現在増え続ける電気代をどうにか出来ないかと、工務店の方と共にエネルギーゼロ住宅を目指して色々と検討し、導入することにしました。

スポンサーリンク

ZEHの普及を支える太陽光発電

まずは最近は普及し当たり前になってきた太陽光発電です。

これは自宅で電気を発電し、その電気を使ったり、電力会社へ売ったりするといった自家発電設備です。

要するに電力会社から購入する電気を減らしましょう、といった設備ですね。

ですが、太陽光発電自体が太陽に依存している為、昼間にしかその能力を発揮することは出来ません。

蓄電池の必要性

その問題を解消する為に必要となるのが蓄電池です。

太陽光発電が作り出した電気や深夜料金の安い電気を貯め、それを悪天候な日の昼間や太陽光発電の運転が停止した夜間に放電し、購入する電気を減らすことが出来ます。

又、災害時等の停電が発生した際にも蓄電池から住宅に電気を供給することが出来る為、防災性の向上にも役立ちます。

HEMS(ヘムス)もZEHの普及を後押し

そして次にHEMS(ヘムス)です。

これは自宅で作られている電気や使われている電気を“見える化”することでエネルギーをコントロールします。

電気を“見える化”することで節電意識を高めることも出来るのです。

又、お風呂や料理に使う熱源もガスや灯油等ではなく、電気を使用するエコキュートやIHクッキングヒーターを利用することで光熱費を電気に一本化し、合わせてコントロールすることも可能です。

スポンサーリンク

ZEHの普及により光熱費を月に数百円まで抑えることも可能!

もちろんこういった電化製品だけではなく、住宅建築の際に断熱性の高い建材等も合わせて使うことで、使用する電気さえも節約し、さらにエコな暮らしを送ることが可能となります。

私自身ZEHを意識した家づくりと、ここまでの設備を導入して月々の光熱費を数百円に抑えることに成功しました。

今後、電気自動車の普及に伴い、我が家も対応しなければと思っています。

但しZEHがここまで普及してきたとはいえ、まだまだ設備を導入する為にはその費用が高額ではありますので、一度に全部ではなく、段階的にでも導入することをお勧めします。

エネルギーについて考えZEHの普及に乗り家づくりを考えてみては

何気なく使用している電気ですが、これから電気代は増加の一途を辿ることが予想されています。

今後私たちは、いかに無駄なくエネルギーを作り、蓄え、使うのかを考えなくてはなりません。

これから住宅を建築、購入される際にはデザインや利便性だけではなく、是非ともZEHを目指した家づくりを検討して欲しいと思います。





スポンサーリンク