ライフスタイルを間取りに落とし込む!できそうでできない要注意な話

【注文住宅を建てた岡山県在住の男性より】

注文住宅において、自分たちのライフスタイルに合わせた間取りを押し切った方がいい。

家は3回位建てて初めて自分たちの理想になる。なんて聞いたりしますが、正にその通りです。しかし、家を3回も建てることは一般的に考えると無理です。初めて建てる家が最後の家って方が大半なはず。

その最初で最後のマイホーム作りに、少しでもお役に立てればと思います。

スポンサーリンク

ライフタイルにあった間取りを提案してくれるハウスメーカーで建てよ

私は仕事が忙しく、ハウスメーカー自体もじっくり比較検討せずに決めてしまいました。相手は家作りのプロだと信用して相手の提案に合わせて家作りをしましたが、今となっては後悔している事が多々あります。

建てて住んでみて、やっぱりこうしとけばよかったと思うところが多いです。相手の話に合わせるのではなかったと後悔しています。

ハウスメーカーの工法等々より、自分のライフスタイルに合わせた間取りを提案してくれるメーカーにした方がいいと思います。ハウスメーカーは、自社の売りたい基本モデルの中でできる間取りの提案をしてきます。お客である自分たちは初めてであり、相手の営業マンが提案しているのに合わせるのが無難だと思ってしまいます。しかし、冷静に自分たちのライフスタイルにその間取り照らし合わせてみてください。

万人受けする間取りで自分達に合うとは限りません。ハウスメーカーに一番にやってほしいことは、各社の工法がどうとか、こだわりがどうかという話ではなく、自分たちのライフスタイルに合わせた間取りを提案してもらうことです。

ハウスメーカーにライフスタイルを具体的に伝え間取り提案をしてもらう

例えば、

  • 現在は3人家族で子供が1人いて、理想はもう1人ほしい
  • 仕事は〇〇業で出社時間は何時で帰宅時間が何時
  • 晩御飯は家族で食べる事が多い
  • 夫婦の時間も大事にしたいが、互いの個人の時間も大事にしたい
  • 就寝する時間は夫婦で一緒だが、仕事で遅くなる事もたまにある

など生活の流れを伝えてみて、そのライフスタイルにあっている間取りを提案してくれるハウスメーカーの営業マンと相談していった方がいいです。その際に、当社の基本の工法は〇〇でとか言う営業マンとの家作りはやめた方がいいです。最終的に自社の言い分を言いきってきます。

スポンサーリンク

自分たちのライフスタイルに合わせた間取りを押し切る

まず、何社かに自分たちのライフスタイルにあった間取りで家を作ってほしいと伝えます。

ライフスタイルを前提に、間取り・コンセントの位置・クローゼットの位置・照明の位置を提案してくれる営業マンと話を進めましょう。

「一般的にはとか、他の皆さんはこうしますとか、それでは予算が・・・」なんて言う営業マンとの家作りは住む人の家ではなく営業マンの作りたい家になってしまいます。住むのは自分たちなのですから、自分たちのライフスタイルに合わせた間取りを押し切った方がいいです。

おわりに

結果、家の中で営業マンのいう事を聞いて作ったところより、自分たちの意見を突き通して作ったところの方が今でもよかったと思います。

初めての家つくりは素人だからプロに任せるというよりは、自分たちのライフスタイルをどんどん言っていった方がいいです。

家に合わせたライフスタイルではなく、ライフスタイルに合わせた家であるべきだと思います