樋の材質や形は何がよいのか!?ゲリラ豪雨に備えよう!


神奈川県在住・K様より

最近はゲリラ豪雨のような大雨が多くなってきました。自宅の購入や新築する時にはいろいろなことを調べておくことが重要ですが、その一つに雨樋(あまどい)があります。

屋根からの雨水を集めて流すため、水平に設置された横樋の断面形状には半円形の丸樋と四角くなっている角樋があります。

設置するならば角樋をお勧めします。

雨樋はあった方が良い

雨樋↑↑

家の近くに大きな落葉樹やその林がある場合には、落ち葉で雨樋の掃除が大変になりますので必ずしも設置する必要はないという考えをする方もおられます。

しかし、雨樋がないと屋根から落ちた雨で泥が跳ねてしまい、外壁がかなり汚れてしまいます。家の周囲を舗装したり砂利を敷いて泥跳ねを防ぐなどの対策が必要になります。

玄関など外部と出入りする部分に雨樋がないと跳ね返りのために荷物を持って出入りするのは大変煩わしいものです。これらを防止するためには雨樋を利用して屋根に降った雨を集めて排水するしかありません。

我が家が選んだ角樋は正解だった

丸樋は比較的安価なので、新築する時にこのタイプを選ぶ方も多くおられます。

普通の雨ならばこのタイプでも問題ないのですが、雷雨など短い時間に大量の雨が降った時には雨樋から雨が飛び出してしまい役目を果たさないと近所の方が言われていました。

これに対して、丸樋に比べると割高になりますが角樋を取り付けた我が家では、雨樋から水が飛び出すこともなくしっかり排水してくれました。

ゲリラ豪雨などの頻度が多くなっていますから、このタイプの雨樋を選ぶことをお勧めします。

縦樋はあった方が良い

もう一つ注意しないといけないことは、横樋の水を地面に流す縦樋です。

経費削減ということで2階の屋根からの雨水を1階の横樋に流すことがあります。この場合、配水する縦樋が共通になってしまいますので、雨量が多くなると排水できなくなります。

1階と2階の雨はそれぞれ独立に雨水溝に流すように縦樋を設置することが重要です。縦樋にもいろいろな形状がありますが、鎖状のものは大雨では役に立ちません。パイプ状のものを選ぶべきです。

雨樋の材質は強いものを

最後に材質です。雨樋の材質にもいろいろありますが、屋根の塗装などではしごを架けることがあります。

この時、雨樋に力がかかってしまいますのである程度、強度の強い材質を選ぶことが必用です。雨樋に強い力がかかることは少ないのですが長く使うものですからあまり安価なものにしない方が良いと思います。

「横樋は角樋」「縦樋はパイプ」

戸建て住宅の場合、雨樋は付録設備のように考える方もおられるかもしれませんが、日常生活ではかなり重要なものです。

最初から大雨でもしっかり機能するように横樋は角樋を縦樋はパイプを選ぶことがよいと思います。

 





 

無料で利用可能!
ハウスメーカー比較サイト

一括比較サイトの定番!
間取りや見積もりをもらいネット上で比較もできる!