住宅展示場巡りをたくさんしよう!他県にも足を運び納得のマイホームを!

  • 岐阜県在住・29歳女性

新築を建てると決めてから、ハウスメーカー様と契約に至るまで、私達夫婦はおよそ半年近くの月日を費やしました。

その間に行ったのは、住宅展示場巡りや、耐震設備や太陽光発電の設備を見せて頂いたり、各ハウスメーカー様の工場を見学させて頂いたりといった事です。

一見、半年近くも契約まで時間がかかって、とても遅いように感じられるかもしれません。

しかし、契約までの間にじっくり色々な住宅展示場を巡った体験が、新築を建てる上でとても役に立ちました。

スポンサーリンク

住宅展示場巡りを開始

住宅展示場巡りをはじめたのは、3社ほどのハウスメーカー様とのお話をはじめてからです。

打ち合わせの提案では、私達が所持していた土地に家を建てる場合、どのような家を建てる事が出来るかを各ハウスメーカー様が提案してくださいました。

しかし、その全ては設計図であったり、画像があったとしてもタブレットで似たような設備のお家の画像を見せて頂くだけで、あまりイメージがわかず、3社の違いもあまり良く伝わってきませんでした。

そんな時に、主人が「じゃあたくさん住宅展示場を回ってみれば良いんじゃない?」と言ったのをきっかけに、2人でたくさんの展示場を回ってみることにしました。

家から近い住宅展示場だけではなく、他県の展示場にも足を運びました。

面白かったのが、旅行先の県でも展示場に行くと、地方が違うとターゲットが変わるのか、暮らし方が変わるのか、私達の住む県とはかなり異なる間取りが提案されていた事です。

住宅展示場にあった建物の間取りを思い出せるレベルに

いつしか、住宅展示場巡りが趣味のようになってしまった私達。
3社のハウスメーカー様以外のハウスメーカー様のお家の仕様にも、いつの間にか詳しくなっていました。

各住宅展示場では、色々なイベントも開かれていて、をとても楽しむことも出来ました。

ある程度、住宅展示場を巡り終えてからは、打ち合わせでその会社特有の設備の名称を聞いたり、間取りの説明を受けた時に、実際に足を運んだ住宅展示場の間取りや設備を思い出すことが出来ました。

「ああ、そうそう、こんな設備あったな」のようにすんなり理解する事が出来ました。

ハウスメーカーへの質問の深さも変わった

工場見学もとても楽しくて、家の細かいパーツが工場でどのように作られているかを知ることで、より家作りを身近に感じる事が出来ました。

また、他社のハウスメーカー様の仕様にも詳しくなった事で、「他社さんではこんな便利な仕様があるようなのですが、そちらには無いのですか?」といった、突っ込んだ質問も出来るようになりました。

そして納得が行くまでハウスメーカー様と話し合うことが出来ました。

住み始めて住宅展示場巡りの効果を実感

最終的に、1社のハウスメーカー様と契約に至ったのですが、新築して住んでみて、住宅展示場巡りをたくさんしてよかったと実感しました。

間取りや仕様、設備などに納得して契約したことで、家を建てる前と建てた後のギャップがほとんどなかったなと感じています。

また、住宅展示場巡りで様々な間取りに触れることが出来たため、いろいろな展示場の印象の良かった間取りを組み合わせて新築する事が出来て、とても展示場巡りが役に立ちました。

間取りは思い通りの間取りになりましたし、数年住んでみて不便だなと思うことはまだありません。

住宅展示場巡りでアイデアを取り入れ、建てた新築は、遊びに来てくれる友人にもとても好評で、「こんなアイデア良く思いついたね」と褒められる事もよくありますよ。

納得いくまで住宅展示場巡りを!

家を建てるということは、一生に何度もあることではありませんし、お金もたくさんかかります。

今後も自分達の建てた家に愛着を持ち続けるためにも、思ったとおりにいかなかったと後悔しないためにも、住宅展示場巡りや各ハウスメーカー様との打ち合わせは、納得が行くまで行った方が良いですよ。

住宅展示場巡りは非常に楽しくて、有意義で、家を建てた今でももう1度やってみたいくらいです。



スポンサーリンク