新築なのに結露!?窓サッシが原因でリビングが水びたし

寒い冬の季節、毎朝起きてすることが、結露の掃除になってしまっています。冷たい窓をタオルで拭きながら、どうしてあの時工務店の言うことを鵜呑みにしてしまったんだろう…と後悔のため息が出てしまいます。

皆さんは結露に悩まされていませんか?たかが結露と侮る無かれ。毎日の負担を減らすために、結露しにくいマイホーム作りのために、私の失敗談を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ペアガラスなのに窓が結露?

マイホームを建てる時に私たち夫婦が気にしていた点は、夏は涼しく冬は暖かい家。寒い地域に住んでいることもありますが、冷え性が酷い私は特に寒い時期でも過ごしやすいマイホームに憧れていました。

その希望を工務店さんに伝えた所、「ペアガラスはいかがですか?」とのこと。ペアガラスってなに??

何の知識も無かった私に、「窓ガラスをペアガラスにすることで、お部屋がポカポカ!暖かい空気が逃げにくいように出来るんです!」と営業マンは丁寧な説明をしてくれました。

通常のガラスとは異なり、ガラスが二重になっているため、高い断熱性能を持っているとのこと。

値段は高かったものの信頼する工務店の言うことを信じ、リビングや寝室は勿論、トイレや廊下などの全ての部屋の窓ガラスをペアガラスに変更しました。

待ちに待ったマイホームが完成したのは夏。理想通りのマイホームが完成したと思っていたら…。

 

冬になってびっくり!リビングの床が水浸しになっていたんです!!

一体どこからこんなに水が…?!工務店のお話では、「ペアガラスは結露がしにくい」と説明を受けていたのに、なぜ??

結露していたのは窓ガラスではなくサッシが原因

最初は窓から結露しているのだろうと思いました。しかしよく観察して見てみると、どうやら窓ではなく、サッシの部分から水が滴っているよう

アルミサッシの冷たい部分のみが、きれいに結露をおこしていました。どうやら、熱や冷気の影響を受けやすいアルミだからこそ起こりやすい現象のようです。

そういった一般的な情報も工務店任せではなく、自分で情報を集めておくべきでした。

スポンサーリンク

窓ガラス選びだけでなくサッシ選びも大事だった

アルミの他にも樹脂サッシ木製サッシがあった中、コストの問題だけでアルミを選んでしまっていました。樹脂製や木製のものは熱を通しにくい材質のため、アルミのサッシと比べて結露が発生しづらいそうです。

 

それぞれのサッシ素材のメリット・デメリットを把握して決めよう

それぞれの窓サッシにメリット、デメリットが存在します。流されるままなんとなく決めるのではなく、それらを把握した上で選びたいですね。

サッシの付け替えは後からも出来ますが、どうしても割高になってしまいます。

勿論、サッシが樹脂だから「100%結露しない」と断言できるものではないですが、マイホーム建築の際には窓ガラスだけ良いものを選ぶのではなく、後悔がないようサッシ選びにも注意を払ってください

岡山県 30代 女性