新築で後悔ばかり。勉強不足がまねいた3項目【注文住宅】

パソコンの前で頭を抱える男性

『新築したが後悔ばかり』という体験談のご紹介です。

せっかくの新築。誰しもマイホームブルーにはなりたくないものです。

スポンサーリンク

体験談:新築は後悔ばかり。注文住宅3つの失敗

高知県H様

①ハウスメーカー選び

ハウスメーカーのキャンペーンがきっかけで一つのハウスメーカーに絞って建てたマイホーム。

建て終わってみれば、労を惜しまず複数のハウスメーカー比較も必要だったと感じた体験談です。

 

私は2012年に住宅を新築しましたが、いまだに後悔していることがいくつかあります。

そのひとつは、初めから1つのハウスメーカーに絞ってしまったことです。

そもそも、私が住宅を購入するきっかけになったのは、とあるハウスメーカーのキャンペーンでした。

結局、キャンペーンには当選せず、優遇は受けられなかったのですが、そのままそのハウスメーカーでの建築を進めました。

その当時はそのまま進めていくことに何も疑問は感じなかったのですが、今になって思えば、同じ土地でもハウスメーカーが違えば間取りも全く違うでしょうし、何よりも金額面でも割安になっていたでしょう。

そう考えると、もう少し時間はかかっても、いくつかのハウスメーカーに相談するべきだったと思っています。

『ハウスメーカー選び』の関連記事

②外構

もうひとつは外構工事についてです。

外構工事の庭部分については元々自分たちでやることにしていたのですが、門扉や駐車場部分はハウスメーカーにお任せをしていました。

そもそも、門扉などの外構部分も新築工事の一環ととらえておりましたので、他にお任せするという発想もありませんでした。

 

その後、自分たちでやると決めた庭部分のちょっとした工事をハウスメーカーに見積もりをお願いすると、予想以上に金額が高かったので外構専門の業者様に見積もりをお願いしました。

その時に出していただいた金額が、ハウスメーカーの金額とあまりにも違うことに驚き、完了している外構部分の工事について、ハウスメーカーにお願いした旨とその外構部分の金額を話すと金額の高さに驚かれました。

その時に初めて、門扉などの外構部分も自分たちで業者を決めて発注することができると知りました。

ハウスメーカーが発注する外構工事は紹介料などが発生したりするため、割高になることが多いそうです。

初めからそれを知っていれば自分たちで外構工事業者を調べて依頼をしていたと思います。

 

また、駐車場には駐車区画を分かりやすくするために竜のひげと呼ばれる植物が植えられていたのですが、月日が経つに従って雑草も増え、苦慮しています。

いっそのこと、植物を入れずに、色の付いた砂利を入れて区画割をした方が良かったと思っています。

関連⇒マイホーム庭づくり失敗談まとめ

 ③間取り

最後は間取りについての不満です。

図面で見た時はあまり気にしていなかったのですが、我が家は南向きで、リビングの南側には大きな開口部があります。

しかし、リビングの北側は廊下を隔ててトイレやお風呂などの水回りがあるので、外に通じる開口部はなく、西側に小さな窓があるだけです。

その為、空気の通り道がなく、空気の入れ替えをする際には、トイレ等の水回り部分の窓とリビングの入り口部分の扉を開けて空気の通り道を作るしかありません。

しかし、トイレを通ってリビングに風が入ってくるのは気分的にも良いものではなく、今更ながらに何か方法はなかったのかと後悔をしています。

 

一生に一度の買い物だからこそ、手を抜かずに事前に色んな事を勉強しておくことが大事だったなと実感します。

 

(マイホーム計画のブログが多数掲載されており参考になります⇒にほんブログ村 マイホーム計画中






パソコンの前で頭を抱える男性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。