注文住宅おすすめ間取りの「ファミリースペース」!家族の絆を深めた!

注文住宅のおすすめ間取り

ファミリースペースという仕切られない空間】

  • 家族が集まれるスペース。みんなで会話ができる。
  • 家族の絆が深まる!

【体験談】

  • 東京都の40代女性より
  • 男の子2人、4人家族の間取り工夫
スポンサーリンク

間取りは「自由プラン」の注文住宅へ決定

2010年に、長男が小学校にあがるタイミングで家を検討。良い土地との巡り会いであるハウスメーカ―の注文住宅を建てることになりました。

設計プランはおおまかに分けると2つあり、自由プランと、ハウスメーカーのほうで考えたプランがあります。ハウスメーカーが考えたプランには広さによって種類も数多くあり、そちらを選ぶと、建築資材のひな型がハウスメーカーにそろっているため、割安になります。

私の場合はまったくの素人で、どのような家が作りたい!というようなプランもなかったのですが、せっかく作るなら、住みよい我が家にしたい、と自由プランを選びました。

インターネットで間取りを調べ検討

インターネットを使って「子育てしやすい間取り」とか「主婦にとってラクチンな間取り」とか、参考になる記事をもとに、自分なりのプランを作り上げていきました。

我が家がこだわったポイントの一番は、男の子2人ですので、どこにいても家族の空気を感じられる開かれた家、ということです。

1階はリビング中心に柱や区切りをなくし、ダイニングには、窓側一面にくくりつけのテーブルを置きました。キッチンは対面式ではなく、オープンキッチンにして4畳半と広くとり、家族全員がキッチンに入れるよう、ダイニングにスペースをつなげるようにしました。これは孤独になりがちな主婦にとって、とても良かったと思います。

お風呂も2階にもっていき、家族みながほとんど寝るまでの間、1階で過ごしています。

スポンサーリンク

「ファミリースペース」はおすすめの間取り!

また、どうしても各部屋ごとで区切られがちな2階ですが、子供部屋の隣に家族が集まれるファミリースペースという仕切られない空間をとり、ソファや本棚をおいています。

ここで朝の忙しいひとときもみんなが着替えたり、会話を交わせる空間になっていてお気に入りです。今後、所望のマッサージチェアを購入できた暁には、このファミリースペースに置いて、お風呂上りの憩いの場にもしていきたいと思っています。

このように、家族の絆に重点を置いて作った我が家は豪華ではありませんが、一番大切なことを確認しあえる我が家です。

東京都 40代 女性





スポンサーリンク