おしゃれなリビングにしたい方へ。住みやすくもしましょう!

リビングがオシャレでかつ住みやすい家になるための私なりのアドバイスです。

スポンサーリンク

おしゃれでも住みやすいリビングへ

大きい窓が多いと、明るく広く開放感があってオシャレですね。
ですがたとえ窓の価格レベルを上げても結局、夏はとても暑く冬はとても寒くなってしまいます。

そこで対策として、せめてシェードやカーテンをつけるようにしましょう。
何もつけないのはオススメしません。

階段

リビング内に設置の階段は、最近とても流行っていますが、これまた寒いです。
とは言っても家族の動向、特にだんだん成長していく子供の動向が分かりやすいのでとても良い場所の階段だと思います。
筆者も実際気に入っています。

対策として階段の昇降両入り口箇所に、ドア又はロールカーテンを設置しましょう。
これがあるとないとでは大きく違ってきます。

部屋干しコーナー

リビング内に吹き抜けがある場合の話です。
吹き抜け箇所付近に洗濯物の部屋干しコーナーを作ると良いですよ。
温かい空気が上昇していくのでとても乾くのです。

梅雨時や冬には特にオススメのコーナーになり大変助かります。
くれぐれも洗濯物が落下してしまわないように工夫して下さいね。

ちなみに逆に冷たい空気は下降していきますので、足元は寒いです。
そこで、床暖房がおおいにお助け設備となってきます。

またシーリングファンを吹き抜け天井につけて、空気をかき混ぜる方法も良いです。
天井に大きなシーリングファンをつける時は、事前につける旨を建築士又は大工さんにお伝えしましょう。
とても重いので震災などのことも考慮し、天井補強をして頂くと安心です。

ニッチ

ニッチを作って頂くときに、リクエストされる場所で1番多いのが玄関付近や廊下です。
残念ながらよく皆様がおっしゃられているのが「別にいらなかった・不要だった」とのこと。
あまり活用されていません。

そこでオススメのオーダー方法がマガジンラックです。
凹みにポールを渡すだけでオシャレになります。
キッチン近くに作れば料理本なども並べて便利でお母さんの嬉しいコーナーになります。

棚をつけて2段にして小物を置いたり飾ったりしても良いですよ。
おそらく追加料はポールの代金だけで、さほど手間も費用もかからないのに大いに変わってきます。

家の中のどのような場所で、どのような動きをして日々生活するか、想像をたくさんして下さい。
きっと自分にピッタリのアイデアがたくさん生まれてくると思います!

大阪府 30代 女性



スポンサーリンク