納戸・パントリー・玄関クロークの収納についてマイホームを建てて思うこと

兵庫県29歳の主婦の方の体験談です。

私は2014年に某ハウスメーカーで念願のマイホームを注文住宅で建てました。

その経験から収納スペースの重要性をお伝えします。

 

スポンサーリンク

大きなものを入れる収納「納戸」

できるだけ大きな間取りを取りたい!と思ってる方は多いと思いますが、私は広い間取りよりも収納スペースを優先させました

建てた当時は子供もいなかったので、収納を持て余していましたが、子供が生まれると当然、服が増え、おもちゃがたくさん。羽子板や雛人形、兜など。

大きなものの収納場所が必要になったので本当によかったと思っています。

ひとつは、そういった大きいものがすべて収納できる納戸があれば便利です。

我が家の納戸は3畳ほどで、そこにそのほか、クリスマスツリーや子供の使わなくなったベビーチェア、今はジュニアシートを利用しているため使わなくなったチャイルドシート、使っていないお布団等を収納しています。

それでもまだまだ余裕があるくらいです。

我が家は1階がリビングでリビングを広くとりたいがために2階に納戸を作りましたが、大きい荷物を2階まで運ぶのは少し大変なので、広さに余裕がある方は1階に納戸を作るのをおススメします

我が家は1階にもたくさん収納場所がありますが、大きなものを全部入れるスペースはありません。そのために大きなものはすべて納戸です。

 

勝手口ではなくパントリーを広くとればよかった

キッチンにもそんなに大きくないですがパントリー収納も作りました!

我が家はキッチン横に勝手口があります。家を設計してもらっている当時は外にゴミ箱等を置きたく、勝手口を利用するつもりでした。

しかし実際住んでみると、住宅街なのでご近所さんのことを考えるとなかなか外にゴミ箱を置くこともできなく、使用していないので、「この勝手口のスペースをパントリー収納だったらな」と今は思っています。

住宅街にマイホームをお考えで勝手口に悩んでる方はぜひ、そのスペースを収納スペースにすることをおすすめします。

キッチンはなにかと収納したいものが増えてくるので便利だと思います。

 

スポンサーリンク

作ればよかった玄関クローク

唯一、私が作ればよかったと後悔しているのは玄関クロークです。

靴が好きなので、靴の収納場所の確保、将来を見据えてベビーカーの収納、ストライダー、三輪車等の収納を作っていたのでそこは困っていません。

ですが、冬になると玄関でサッと着れて、帰ってくるとそこで脱いで掛けておくと言った具合にしていれば、時間がないバタバタしがちな朝でももう少しゆとりを持てたかなと思っています。

収納場所がないと、リビングやお部屋に物がどうしても多くなってしまうと思います。

せっかくの新築のおうちなので、是非収納場所をたくさん作ってキレイにしてみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク