【原因は道路族】子供が道路で遊ぶ新興住宅地での憂鬱と後悔

戸建の建ち並ぶ新興住宅地の様子

マイホーム購入にあたり、「新興住宅地は同世代があつまり住みやすく失敗や後悔は少ない」と一般的には言われます。

(関連記事:新興住宅地のメリットはトラブルのない近所付き合い!

ですがここでは、「新興住宅地に住んだものの、憂鬱状態が続き後悔した」という一般論とは逆の経験をした事例の紹介です。

体験談:道路族に悩み憂鬱続きの新興住宅地での生活。「こんなはずでは…」と後悔

大阪府K様女性

私が今の土地にマイホームを購入して10年が経とうとしています。思い返せば長いようで短かった気がします。

よく耐えてこられたものだと思うほど、10年前の私はマイホームを建てた事を後悔してふさぎ込んでいました。

なぜふさぎこまなければならなかったかと言えば、モラルのない無法地帯な場所に家を建てた事により、毎日迷惑行為をされ精神的に病んでしまったからです。

 

新興住宅地へ引っ越すきっかけ

まず、マイホームを建てるきっかけになったのは住んでいた社宅が取り壊される事になり退去しなければいけなくなった事でした。

主人の職場に近いエリアでいろんな物件を見てまわる日々が続きました。まだ子供はおらず夫婦2人だけでしたが、将来を考えてマイホームを建てる事に決めたのです。

そんなある日、新聞広告に入っていた新興分譲地に目がとまり、実際にモデルハウスを見学する事になりました。実際に訪れたモデルハウスは某ハウスメーカーが手掛けたもので予想以上に素敵なものでした。

しかも、都心に比べると田舎という事もあって土地も安く私達夫婦でも手が届く物件だったのです。内装も私達の好みに近く一目で気に入りました。

道路幅も6メートルと広く開放的な印象を受けましたし、家の間隔も都心の家に比べたらまだ離れてるし気にもなりませんでした。しかし、今後この第一印象がことごとく打ちのめされようとは。。。

 

新興住宅地での憂鬱の始まり

その後、何回も業者と打ち合わせを重ねて念願のマイホームが完成しました。新生活を前に心踊る毎日を過ごすはずでした。が、徐々に心は蝕まれていきました。

新興住宅街なので近所は同年代の夫婦で幼い子供がいる家庭がほとんどでした。近所の奥様は子供が小さいので専業主婦の方達ばかり。

私は今回の引っ越しで仕事を辞めたので次の仕事を探すまでマイホームでの新生活を満喫するつもりでした。しかし、そんな想いは叶わず家にいる事が苦痛になるなんて。

 

人の家の前での井戸端会議を見るたび憂鬱に

住み始めてしばらくすると我が家の向かいの家の前に幼稚園バスが毎日停車するようになりました。道路幅が広いから特に迷惑にならないと思われたのでしょうね。

しかし、すぐそばに公園があるのになぜそちらを乗車場所にしなかったのか今だに謎です。

毎日早朝に家の向かいにたくさんの奥様方とその子供が集まるようになり大変賑やかになりました。

子供が大きい声を出すのはわかるのですがそれよりも奥様方のとてつもなく大きい声の井戸端会議が延々と続くのが耐えられませんでした。子供をバスに乗せた後も1時間は続く井戸端会議。

未就園児を連れた奥様は子供が泣き叫んで帰りたいとわめき続けても平気で無視して井戸端会議を優先するのです。いわゆる放置です。

住宅地の中の道路とはいえ、抜け道にもなっており決して安全な道路とは言えないはずですが、放置。奥様方は女子高生のようなノリでガハガハ笑い住宅地に笑い声が響き渡るのでした。

そんな井戸端会議を目の前にしてベランダで洗濯物を干さないといけない憂鬱。井戸端奥様方は群れると強気ですのでベランダの私に気づくとこそこそ噂話に興じ始めます。

そうです、ここはとても私には耐えられない環境の住宅地だったのです。

 

道路で遊ぶ子供たち

そのうち、朝の井戸端会議だけでは物足りず、ほぼ一日中道路で子供を遊ばす奥様方が増殖しました。

子供と一緒に道路でキックボードに乗り悲鳴を上げて叫ぶ奥様や道路にレジャーシートやパラソルを広げおしゃべりに夢中な奥様。

子供は子供で親に放置されてるので、住宅街の道路一面に落書きし放題。道路で野球にサッカー、スケボー、バスケットボールと他にも書ききれないくらいの遊びを奔放にしていました。

夏は暗くなる7時30分くらいまで道路で奇声をあげて縦横無尽に遊び回り、冬は真っ暗な中7時まで元気に走り回る日々。

この子たちはいったいいつ晩御飯をたべさせてもらっているんだろうかと他人の私が心配するくらいずっと道路で遊んでいるのでした。

 

道路族の子供達は注意を聞かず

その後、子供のボール遊びが激しくなってきて毎日我が家の外壁や車にボールをぶつけられる日が続きました。

さすがに我慢できなくなり外で子供に直接注意したのですが、謝るどころか悪態をつく始末。ボール遊びはやめてくれませんでした。

こちらもその都度注意していると、今度は子供の親が逆ギレして我が家の悪い噂を住宅内に広げるという最低な行為に及びました。反省するどころかこちらを悪者扱いにするその非常識さ。

しかも近所の人間もおもしろがって便乗するそのモラルの低さにとことん嫌気がさし、引っ越ししたくてたまらなくなったのです。せっかく手に入れたマイホームなのに。。。

 

新興住宅地での憂鬱と後悔から

毎日憂鬱でふさぎこんでいましたが、今現在は開き直って元気に暮らしています。私が言いたいのはマイホームを建てるなら事前にその土地の事をよく調べた方がいいという事です。

このような新興住宅地には決して家を建てない事です。精神を病みます。

子供が遊ぶ事を批判しているのではありません。子供を放置する親を批判しているのです。子供に善悪を教えられない親が増えるとその住宅地は荒れて無法地帯と化します。

すると一般的な人間は精神を蝕まれて苦しみます。そこまでして、そういった土地に家を建てるメリットなんてあるでしょうか?

体験談おわり

関連記事:新興住宅地には近所付き合いのデメリットもあると知った戸建生活






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。