注文住宅では収納の棚について確認必須。間取図だけではわかりません

ノートをみて考える女性

注文住宅を建てる方へ。収納の棚について、どれくらい把握できているでしょうか?

スポンサーリンク

【体験談】収納の棚はこうなっていたのか…。注文住宅での失敗談

『福岡県の注文住宅営業マン男性より』

福岡県の30代女性のお話です。色々な業者を回ったのちに当社でご契約をいただいたお客様のお話になります。

色々な間取り図や参考図をご提案したのちに、お見積もりなどのお話に入ることが多いのですが、そこで失敗したと言われたことがありましたので、今後のお家づくりの参考になれば幸いです。

 

間取図だけでは収納の棚についてわからない

それは、渡された間取り図をみるだけでは収納の中の棚の位置などは全くもって確認できないということです。

確かに、間取り図を見たら、「ここにクローゼットがあるな」「ここにパントリー(食品庫)があるな」「屋根に小屋裏収納があるな」というのは目で見て理解できるのですが、

「収納の棚位置を変更したい」「ここが網棚になっていてほしい」「高さはどれぐらいあるのかな」「ハンガー掛ける部分はどれだけ広いのかな」などなど、詳細を知りたいお客様にとっては少し不便なものになります。

 

実際、ここの棚は5枚欲しかったのに2枚しかないから何に使用するか非常に迷われたとのこと。

しかも、5段にしたいので、足りない3枚分を追加で購入しようと業者にお願いしたところ、3万円の見積もりが来たとのことでした。

棚板1枚1万円って高すぎますよね。。。

 

実際ショールームに行かないと、こういった設備というものは目で見ることができないので心配です。

実際に、見積もりの中には、どうしても必要最低限しか入っていないことが多いので、展示場で見たときと実際完成した時のギャップが激しいのです。

 

ショールーム見学のすすめ

収納に関しては、今の時代、収納アドバイザーなど活躍していらっしゃる方も多くいらっしゃいますが、まず収納できるスペースがないと話になりませんよね。

「ここに、あの棚があったらいいな」「よかったな」と、建物が出来上がってから追加するのでは余計に手間もお金もかかってしまうので、気疲れしてしまうのでおすすめできません。

注文住宅を考える方は是非、ショールームなど見に行きたいと営業マンに強く申し出て見てはいかがでしょうか?

何かアドバイスをもらえるかもしれません。

この記事がどなたかの参考になれば幸いです。

【関連】【後悔済み】リビングに収納は必要だと痛感。実家暮らしでは気づかない



スポンサーリンク



ノートをみて考える女性