トイレと脱衣所のスイッチが内側!?工務店がなんとか位置変更してくれて助かった注文住宅

両方の頬に手を当てて驚いている女性

トイレのスイッチ位置は内側派か?外側派か?

いずれにせよ注文住宅ではしっかり打ち合わせをしておかなければ、「あれ?」ということにもなりかねません。

 

【体験談】トイレと脱衣所のスイッチは外側が希望だったが内側になっていた…

高知県30代女性

2015年に注文住宅を建築

 

家を建てることは人生に一度あるかないか、そう何度も訪れることではありません。

注文住宅はすべて自分で選択出来ることが魅力ですが、選択肢が多く日々の生活の中で時間をとって、一からすべてを決めるのはなかなか大変な作業です。

 

スイッチ位置の打ち合わせをしていなかったことに気づいた

私が新居の計画をしていた当時は、息子が5歳と2歳でやんちゃ盛りの時でした。

その中で確認が行き届かず、スイッチの位置なんて考えてもみませんでした。

家は建て替えでしたが、仮住まいが近くだったため、建築中もせっせと足を運び、図面と現地の状態を見ながら完成した家のイメージを膨らませて、準備や確認はしっかりしていたつもりでした。

それなのに、引き渡し日の少し前、工務店の監督と最終確認をしていたところ、そこで初めてスイッチの打ち合わせをしてないことに気が付いたのです。

 

トイレ・脱衣所のスイッチが内側にある!?

トイレのスイッチは入る前に点けたいので、もし打ち合わせをしていたら必ずそうお願いしていたはずなのに、2階のトイレのスイッチがトイレの内側にあったのです。

それに、1階の脱衣所のスイッチも脱衣所の内側にあり、そこは稼働棚になっていてタオル類を置く予定にしていましたので、とても不便な場所でした。

すぐに言いましたが、監督は打ち合わせをしてあるからスイッチがこの位置になっているし、今から変更は難しいとの返答でした。

泣く泣く諦めましたが、引き渡しの前夜になってもそのことが頭から離れずもやもやしていました。

 

工務店が2つとも外側に変更してくれた

しかし、このまま何も言わず一生不便なまま暮らすのはどうしても嫌だと思い、感謝と共に打ち合わせがされてなかったという旨の手紙を監督宛に書き、当日渡しました。

その後すぐに電話が掛かって来て、丁寧な謝罪と、「これから住んでもらうのにそのスイッチを押す度に残念な気持ちにさせるのは申し訳ないので、スイッチの位置を変更させてもらいます。」とのことでした。

数日後、工事の方が来てくれて2か所とも外側に移動させてくれました。

今でもそのスイッチを押す度に、あの時勇気を出して手紙を書いて良かったと思い返しています。

 

実生活での理想的なスイッチ位置までイメージして図面をみるようにしよう

建築会社は同時に数件、あるいは数十件の住宅に携わっていることもあります。どういう状況でも会社は建築のプロですから、抜かりなく進めていくのが理想ですが、私のようになることもないとは言いきれません。

引き渡し直前であたふたしなくてもいいように、住宅を建てる際は毎日の何気ない行動の1つ1つを思い浮かべて、図面をしっかり隅々まで確認することをおすすめします。

 

【関連】