こだわったのは金額だけの注文住宅で失敗した

静岡県・C様より
注文住宅を建てた時にこだわりなく建てたという体験談です。
業者におまかせした結果こんな後悔をしたというお話です。

スポンサーリンク

静岡県C様の注文住宅を建てた体験談

私は、23年前に新築を購入しました。
それまでは、25年間両親と3人アパート暮らしでした。

私の結婚を機に、ずっと夢見ていたマイホーム購入となりました。

念願のマイホームなので、本来ならば色々とこだわるのが普通なのですが、「やっと狭い部屋から脱出できる」との思いから、「とにかくアパートから出られればいい」という思いで、逆に全くと言っていい程こだわらず業者任せで進めてしまいました。

細かいことにこだわらず金額だけにこだわってしまった

例えば、カーテン、壁紙の色、照明等の仕様もです。

結果として、壁紙は全部屋一緒で模様も何も無い白、カーテンも全部屋一緒です。

仕様にこだわらない一方で、金額には変にこだわりました。

どうせ30年ローンなのに、数十万をケチるという感じです。

当然、数十万でも何か所ともなれば、金額もそれなりになりますが、必要性を良く考えずに金額だけに執着していた様に感じます。

具体的な間取りの失敗点

例えば、

①2階洗面台はお湯が出ない

②2階に3部屋の造りですがベランダは1部屋にしか無い

③屋根裏部屋が無い

①は、建築中に業者さんのご厚意で、「絶対に冬は必要になるから無償で付けてあげる」と言われ付けてもらいました。

案の定、なかったらとても不便でした。

②③は、結局8年後に200万円程掛けてリフォームしました。

3回目でやっと満足するマイホームができるという事を聞いた事がありますが、やはり1回目でというのは無理でした。

それでも、もう少しこだわる事はできたと思います。

事前によく調べることが大事

私が購入した時代とは違い、今ではインターネットで色んな情報が入手できますので、長い時間を掛けて十分調べる事が大切だと思います。

ただ単に情報収集しても情報がいくらでも入手できる時代だけに逆に混乱してしまうと思いますので、先ずはいくつかのサイトをチェックし、自分なりに分かり易く信頼できる内容と思えるサイトを2~3か所決めます。

その後、各箇所事(風呂、トイレetc)に情報整理するのが良いと思います。

そうする事で、注意点やPointを明確にしていきます。

住んだ後の売り込みにも注意を

また、建てた後の話になりますが、新築の住宅を狙って色んな売り込みが来ます。

私の場合も、ソーラーパネル、ケーブルTV等沢山来ましたが、その中で駐車場のゲアーで失敗しました。

売り込みの業者間で相見積をしたのですが、一方を断ろうとした時、半分脅しの様な事を言われ、結局そこの業者に決めざるを得ませんでした。

後で調べたら、ブラックリストの業者とわかりました。

化粧品の訪問販売とは訳が違い高価な買い物ですので、訪問販売で契約するのはお勧めできません。

訪問販売の場合でも、契約する前に十分調べる事が大切です。

最後に一言

私の場合、建てる前も後も、「関心を持って調査する」事が欠落していた事が、これら失敗に繋がったと反省してます。






スポンサーリンク