注文住宅での収納2つの失敗は「土間収納」と「階段下収納」。住んでから気づいた

戸建マイホームの玄関

【体験談】土間収納に物があふれ、階段下収納は手前側しか有効利用できていない…(大阪府40代女性)

2015年に注文住宅を建築

 

我が家は、できるだけの物が目立たない収納スペースの多い家を建てようと考え、設計に挑みました。

作れるスペースには、できるだけ収納スペースを作りました。

我が家の1階の収納スペースは、玄関の土間収納スペース、玄関に入ってすぐ横に上着やカバンを入れる収納スペース、和室の押し入れ収納、リビング階段下の空間を利用した収納スペース、ダイニング横にパントリー収納、洗面所収納スペースを作りました。

これだけあれば、十分な収納ができると思っていましたが、2か所失敗した収納スペースがありました。

 

まず1ヶ所目に土間収納、壁に沿って靴を収納できるように可動型の棚を設置しました。

棚の下には大きなものから小物まで(我が家は、スキー板や洗車バケツ、子供の外遊びの遊具など)大体置くものを考えて設計したのですが、実際にその間取りにあったスペースへの収納をイメージのみでしたため、実物を入れてみると物に溢れた状態になってしましました。

その為、結局屋外物置を買いました。

 

2ヶ所目は、リビング階段下の収納です。扉を開けるとL字を上下反対にしたような空間が広がっています。

ただ、階段下のため、奥に行くにつれて天井が低くなっています。ここには、日用品のストック、掃除機為などを収納しようと考えていました。

その為、掃除機の充電もできるようにと、コンセントまで設置しました。

ですがいざ実際に使用してみると、スペース的には奥行きもありたくさんの収納はできるのですが、奥に物を入れると取るので大変で手前の物を避けて中に入り、天井に頭をぶつけないよう注意しながら使用していました。

だが、あまりにも使い勝手が悪く現在は手前の掃除機のみで、その他のものは何も入っていないデットスペースになってしまいました。

 

収納について設計段階からしっかり意識していくことが重要だと痛感

せっかくのいいスペースも無駄になってしまわないように、使えるよう間取りの時点から意識して設計していくことが大切だと思います。

また、面倒臭がらずに、物の大きさ、配置などをしっかり調べることも必要だと思います。

よく家は、3回建ててようやく理想的な家が建てられるとよく言いますが、その通りだと思います。イメージしても、完璧なものはできないと思います。

ですが、理想に近づけることはできるので、一生に一度の我が家を後悔のないように建ててほしいす。

余談ですが、我が家の階段下の収納の横にパントリーがあるのですが、繋げて広めのパントリーにすれば良かったかなぁとふと思います。(笑)

 

【関連】






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。