略式の地鎮祭と近所への挨拶回りをしました。自分たちに合った地鎮祭を!

地鎮祭を行っている神主さん



【体験談】我が家の地鎮祭とご近所挨拶回りについて(山口県30代女性)

2015年9月に注文住宅(3世代同居)を土地から購入して建築

 

私たち家族が土地や間取り等を決定し、いざ着工!となった段階で、ハウスメーカーさんより言われたことは、地鎮祭、棟上げ(上棟式)はどうしますか?ということでした。

私たち夫婦はジチンサイ?と、言葉自体もよくわからないといった状態でしたが、同居する両親と、ハウスメーカーの担当の方が何者かを教えてくれました。

ネットで検索すれば簡単にわかることですが、地鎮祭とは、着工前にその土地に家を建てますね、とそこの神様にお願いすること。

昔は地鎮祭はその土地に神主さんを呼んで行っていたそうですが、最近は式自体を行わないところも増えているそうです。

地鎮祭は今でも、大きな工場などを作る際にニュースで映ることがあります。これが地鎮祭なんだ!とその後は興味深く見たりもしていました。

 

我が家で言いますと、略式ではありますが行いました。

氏神様が、ちょうど徒歩5分圏内にあったこともあり、実際には土地には来てもらわず、私たちが神社にお参りする、という方法で行いました。

玉串料は5,000円とお酒をお供えしたと記憶しています。

こぢんまりとしていましたが新興住宅地ということもあり、さらにはゴールデンウィークで大安吉日だったこともあり、我が家の隣がその土地での地鎮祭を同じ氏神様で行うと、神社の方に先に予約していたらしく、我が家が少し時間をずらして対応しました。

みんな考えることは同じ、早い者勝ちだ!と思った瞬間でした。

 

ちなみにうちの選んだハウスメーカーでは施主が出席しなくても略式で地鎮祭を行ったあと、近所の家に粗品をもっていき、工事の挨拶に回るそうです。

そのことを聞いていたため、それに合わせて私たちも近所の家に粗品を持参し挨拶に回りました。

新興住宅地の土地全体を囲む家全部、10軒弱程回ったと思います。

ハウスメーカーも粗品を準備し、私たちも粗品を準備し、私たちは「いついつから工事を行います。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします」、

ハウスメーカーは「何か不都合があれば、ここへ連絡してください」と説明し、それぞれの粗品を一緒に手渡す…といった方法で行いました。

粗品は1000円弱のあられだったと思います。ハウスメーカーはタオルでした。

ちなみに、うちの近所には神社も寺もありますが、ちょうど同日に地鎮祭を行ったお隣さんはお寺にだけ、ハウスメーカーの方と一緒に行かれていました。

後日にまわっていたかもしれませんが。我が家はその新興住宅地の一番奥に、かなり最初の方から住んでいますが、正式な地鎮祭を行っている様子は見かけていません。

 

地鎮祭は自分たちに合った方法で。ご近所への挨拶回りはやはり重要と実感

地鎮祭などは土地柄も大きく反映されるかと思うので、相談して自分たちに合った方法で行うと良いかと思います。

ご近所への挨拶回りは、しておくとその後の関係が良好に進むのではないかと思います。

家を建てたら、ほとんどの人はそこに一生住むようになるのでしょうから、良好な関係を築くことは大切なことではないでしょうか。





地鎮祭を行っている神主さん
ストレスのない物件探し!

東京23区でマイホーム購入を考えているあなたへ。

原則、仲介手数料『無料』or『半額』

物件情報を自動配信しております。

①最新情報

②価格変更

電話番号・住所登録も不要!

詳しくはこちら