土地探しから注文住宅の流れの中で父に怒られた話

頭にげんこつをされる少年のイラスト

【体験談】注文住宅・土地探しについてもっと勉強する必要があった(富山県30代男性・2016年に土地購入→注文住宅)

私は、注文住宅でマイホームを建てました。

建てる前には、「どこのメーカーもそう変わらないだろう」とか「安く仕上げたいな」と考えていました。

そんな軽い考えだった私は、事前に勉強などしないまま住宅見学会などに臨んでいたのです。

気にしているのは、価格や間取りばかり。

そんな私は、住宅購入を進める度に問題点や気になるところが出てきました。

今思えば、最初から勉強しておけばスムーズに事が進んでいたのだろうなと感じます。

そんな私の失敗したと思う体験を話していきたいと思います。

 

最初は土地選びです。私は住宅用の分譲地を購入しました。

正直言ってこの分譲地、なんとなく決まってしまったものです。

どこの分譲地を購入するかは決めていたのですが、区画までは決めていませんでした。

私の中では、あまり高くつかない方がよいだろう。それならどこでもいいやと考えていたのです。

 

土地を具体的に決めないまま住宅メーカーを回っていた私。

住宅メーカーは図面を書くのに、土地の区画を選んでくださいと言ってきました。

私はあとで変更もできると聞いていたので、なんとなくで選択。

このなんとなく選んだ土地で、各住宅メーカーに図面を書いて頂き、それを比較していました。

 

そして、住宅メーカーが決定。

土地を真面目に選ぶぞとなった時に、住宅メーカーから言われたのです。

「土地を変更される場合は、この図面では建築できません。」

この図面の、この間取りを気に入って選択したのにダメなのか?

私は図面は建てる広さがあれば、どこでも建てれると考えていたのです。

現実はそうではなく、土地に合った図面が作られています。

最初に土地をしっかり選ぶ。それから建物を考えていくのが、家づくりの正しい順序なんだなと感じた出来事でした。

 

次は住宅メーカーとの契約のタイミングです。

私は図面とおおよその見積もりで住宅メーカを決定しました。

この住宅メーカーで建てると決めていたので、契約の時期についてはあまり考えていませんでした。

そんな考えの私は、住宅メーカーから言われるがままに早い段階で住宅の契約を交わしました。

 

そんな私に父が激怒しました。「お金がいくらかかるか正確にわからないのに契約をしたのか!」

私は大体の見積もりも出してある。それを上回らないだろう思っていました。

また、契約をしないと先に進まないものだと思い込んでいました。

今思えば、すごいことをしていますね。

家の完全な図面もできていない。いくらかかるか正確にわからないのに、何千万円もする契約を結んでいるのですから。

 

それから、私は色々調べてみました。

調べてみると、やはり正確な金額が出るまでは契約は結ばない方がよいと書かれていました。

中には契約してから、金額を上げてくるメーカーまであるとのこと。

住宅メーカーは早めに契約を結びたがるとも書いてありました。

契約するまでと、契約した後では対応が変わるメーカーもあるそうです。

幸いにも、私が選んだメーカーは大丈夫でしたが、今思うと無謀なことをしていると思います。

大きな金額の契約には、いろんな人に意見を聞いて慎重に進めるべきだと感じた体験でした。

 

私は家づくりを簡単に考えて進めてしまっていました。

もちろん、家づくりを進める中で得られる知識は色々あります。

しかし、最初に知識があるのとないのでは雲泥の差です。

知識のない場合はかなりの苦労が懸念されると私は思います。

 

今から家づくりをする方には、予習をすることをお勧めします。

それが最初によくわからなくても、家づくりを進めるうちにパズルのピースがはまったようにわかると思います。

高価な買い物である家づくり。予習は絶対に必要です。