玄関入ってすぐ階段の間取りは上の階が寒い

岡山県・KK様より

KK様からは何度か体験談を頂いており、勉強になる内容が多いです!

今回は注文住宅で『階段の位置』で失敗した体験談です。


スポンサーリンク

岡山県KK様の注文住宅を建てた体験談

私は、アパート暮らしで毎月支払っているお金が無駄というか、何年住んでも自分のものにならないので、とりあえず自分の所有する資産として家族が住める箱が欲しかった。

そんな気持ちで一軒家を建てることにしました。

だから、知識もなく思慮もなく、初めての家、何もわからず営業マンと設計士のいいなりというか、意見に従って建てました。

玄関入ってすぐ階段の間取りで失敗

住んでから気づいた間取りについての失敗になります。

失敗したのは、階段の位置を玄関から入ってすぐの場所にしたことです。

この位置にしたことで冬場は玄関から階段を通して2階へ冷気はそのまま上がってしまい、暖房効率が悪くなりました。

2階の部屋にはそれぞれドアがありますが、とんでもなく冷える状態で、エアコンではなく灯油のファンヒーターを置こうかと思いました。

しかし2階には幼い子供達が安全に使えるかどうかと考えると手案があったので結局エアコンのままになりました。

結果、暖房効率は悪く光熱費も冬になったら飛び上がるぐらいの料金の請求になりました。

階段はいわば煙突のような役割をしてくれて下の空気が上にあがる。

下が寒ければ、上にそのままその冷気が上がってたまったもんではないです。

家はきちんと建っています。中も設計どおりです。でも日本の四季を考えた、各パーツが最適な配置になっていないと結果的に後から高くつくなと、つくづく思いました。

住宅メーカー側は気づかなかったのか?

私は別の大手メーカーで建てた、知人の自宅はどうなっているのか見に行きましたが、玄関入口には階段はなくリビングからの導線になっていました。

発注先の会社の提案力か設計士の考えかはわかりませんが、私が依頼した住宅メーカーの人は違ったということです。

正直なところこんなことも気づかないのか、もしかしてわかっていても、後から問題になることは聞かれないと提案しないのかと、不信に思いました。

営業マンが、定期フォローに来たときにこの内容を説明ましたが、なんのリアクションもなかったです。

これには、妻も激怒していました。

後日営業マンから提案あり

間取りは家族人数分が入る箱であればいいと言う考えでは使えない。

エネルギー効率を考えた間取りにしないといけないと反省しました。

ちなみに忘れた何か月か後にこの階段の位置による弊害について、営業マンが提案してきました。

玄関からあがったところに、レースのカーテンを引くか、玄関の先に間仕切りとドアをつけて、冷暖房効果をあげる方法を提案してきましたが、レースカーテンは玄関口から見て見た目がおかしい。

間仕切りとドアについては、とってつけたような簡易なものであるが、結構な見積額になったのであきらめました。

営業マンは、お客様の声を聴いて提案をしたとでも思っているのかな?

階段の位置はよく考えて間取りを考えましょう。


まとめ

玄関入ってすぐに階段や玄関横に階段のある間取りでは、冬に玄関を開けた時の冷気が上の階に直撃してしまいます。

2階にリビングでなおかつリビングイン階段の場合は、リビングに冷たい空気が直接入ってきてしまうため、扉を付ける必要が出てきたケースも聞いたことがあります。

間取りを決める時は設計の方や営業マンに前例をたくさん聞きながら練って決めていき、追加工事を無くし、エネルギー効率も極力上げれる設計が理想です!



2つのブログランキングに参加中です


計画中ランキング
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村



スポンサーリンク