「玄関収納がない」超基本的なミスによって完成してしまったマイホーム

玄関収納がないという初歩的なミスで(北海道札幌市30代女性・2018年に注文住宅)

2018年に念願の新築注文住宅が完成しました。

一人息子は当時1歳でしたので、少しバタバタしてしまいましたが三十代夫婦と息子の家族三人、引っ越しを楽しみにしていました。

新築住宅は自分達が選んだお気に入りの要素がたくさん詰まっていてとても満足していますが、私達夫婦が大失敗したと感じているところがあります。

本日はその失敗についてご説明します。これから家を建てようと考えている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

 

注文したハウスメーカーは、地域密着型という感じの会社で、見学で相談した際の営業担当やインテリアコーディネーターの方達のアットホームな雰囲気と、月々の支払い額が賃貸家賃と変わらない位のリーズナブルな価格設定が決めてとなり契約することになりました。

こちらのハウスメーカーでは土地の形と広さによってハウスメーカー側が間取りを決めるというスタイルでしたので、我が家はその通りに土地に合った4LDKの間取りをお願いすることになりました。

間取りがすでに決まっていて、購入者はドアや壁の色やキッチンのシンクの素材などパーツを選ぶというシステムです。

 

家が完成し、いざ引っ越しをしようとした時です。そこではじめて気づきましたが、玄関に収納が無いのです。

そのため玄関で収納する予定であった来客用スリッパや家族の靴、靴のお手入れ道具、消臭剤などを収納するスペースが無く途方に暮れてしまいました。

靴箱を家具屋で購入し設置しようと考えましたが、我が家の玄関は少し特殊な形で狭いため希望のサイズのものが見つからず断念。

しばらくネットで探しまわりましたが結局サイズが合わず購入できませんでした。

しばらくの間、すぐに使用しない靴は二階のクローゼットに収納し、通常使うものだけを玄関に置くという工夫をしました。

それでも決して広くないので家族分の靴だけでもすぐに玄関スペースが溢れかえりましたし不便でした。

 

そこで今後の解決策として考えたのは、ハウスメーカーに相談し、自宅玄関サイズに合わせた収納を作って取り付けしてもらうことです。

すでに見積もり済みで、鏡をつけて予算8万円程度でした。

これ位で済むなら最初から施工段階でお願いすれば良かったと後悔していますが、不便さは何とか改善できそうです。

これから家を購入する方へのアドバイスは、玄関収納は必ず付けた方が良いです。

そのためには、打ち合わせの段階から家族分の荷物量を把握することが大事ですし、間取りも業者任せではなくご自身で把握しましょう。

 

【関連】