マイホームのトイレ・階段位置に失敗…。シミュレーションしておくべきだった

マイホームのトイレ・階段位置に失敗

マイホームのトイレ・階段位置に失敗…(大阪府30代女性・2017年11月に注文住宅)

オリジナルを生かし、細部までこだわりたかったので注文住宅にしました。

でも注文住宅は自分の希望を思う存分盛り込める反面、一か八かの賭けでもあると思います。

外壁や壁紙、コンセントの位置などたくさん重要視するところがありますが、やはり実際に生活する上で一番影響が出てくるのは間取りではないでしょうか。

私はトイレの位置と階段の位置をもう少し慎重に考えれば良かったと反省しています。

 

我が家は玄関のドアを開ければ、玄関スペースがあり左手に早速トイレがあります。

ただそのトイレの壁の向こう側にはお隣の家があります。

トイレは音や臭いの問題もあるプライベートな場所ですので、あまり人目に触れたくないところです。

玄関スペースの左手ではなく右手にすれば良かったなと思いました。

右手だと、外壁の向こうにあるのは我が家の駐車場なので全く何も気にしなくて大丈夫だったのです。

 

関連:2階のトイレは必要!特に妊婦と子育てには必須!8年った今も後悔(注文住宅)

 

階段もリビング階段にしたのですが、でもこれって子どもはまだ2歳どすが将来子どもの友達が遊びに来るようになったら、突然の訪問の際どうなるでしょう。

私が部屋着のままソファーでだらしなくテレビを見ていたらとても恥ずかしい思いをすると思います。

 

関連:生活して感じたリビングイン階段のメリットとデメリット

 

トイレの位置にしても階段の位置にしても、住んだその先の生活を思い描いていたら、もう少し納得のいく間取りになっていたかもしれません。

これからお家を建てられる方は、自分達の日頃の生活の動線を思い描いて間取りを考えてみてください。

あとは10年後20年後のことも合わせて考えると、我が家のように子どもの友達が突然遊びに来た時の心配をしなくても済むと思います。

色々なモデルハウスに行ったり、色々な人の話を聞いてシミュレーションするのも一つの手かもしれません。

打ち合わせ中はあれこれ考えることがあって頭がパンクしそうになりますが、そこを少し頑張って、ぜひ納得のいくマイホームを建ててください。