収納が足りない新築マイホームになってしまった理由と反省点

収納が足りない新築・・・(青森県30代女性・注文住宅)

住み心地を考えた時に、場所や広さ等様々な心地良さを追求しますが、やはり住む以上は生活用品が山のようにあり、その生活用品とは、住み始めた時よりもどんどん増えていくものです。

細かい物、大事な物、すぐには使わないけれど捨てられない物、日々使用する物、ストックしておく物等、様々ですが、それらを収納する場所や、収納する家具を収める場所がとても大事で、後々とても必要だと感じると思います。

 

私が新築を建てる時に、収納なんてどうにでもなると強気でいたため、リビングには階段下収納しか作りませんでした。

しかし、パネルヒーターの場所やコンセントの配置場所・数もかなり悩みましたが、ソファ、テレビ台、パソコンテーブル等を置くと、収納家具を置けなくなってしまいました。

階段下収納も広いわけではなく、カラーボックスやアルミラックを置いても死角だらけで使いづらく、何度と無く配置替えをしています。

 

そして人数が増えるとまた、物も増えます。きりが無い話かもしれませんが、ある程度の収納を考慮しておくべきだったと後悔しています。

2階のクローゼットもあまり広くなかったので、衣類や寝具等の収納をしながら、リビングに置けない物やすぐに使わない物を置いてしまうと、とにかく窮屈になってしまいました。

トイレにはトイレ用品の収納、洗面室では洗面具や洗剤のストック類の収納、脱衣所ではタオル類の収納や洗濯物置き場、収納力無くして成り立ちません。

 

その他に趣味があったりしたらますます収納が必要だと思います。

洋服はある程度クローゼットに掛けておけばよいと思っていましたが、2列あるにも関わらず、すでにパイプが歪んでしまっていて、上の収納部分も、布団やかばん等しか置いていないにも関わらず、棚が1センチ程下にずれてきています。

作り付けの多用途作業テーブルを作ってもらいましたが、貰い物のタンスを置く為に取り外しました。

 

あとはやはり、毎日いる場所の肝心なキッチン収納です。

収納面では少ないわけでは無いと思っていましたが、深さが有りすぎて無駄が多かったり、ストック置き場が無い事、分別ゴミ箱の種類の多さ、食器類の収納を考えると、もう少しやりようがあったと思います。

 

とにかく収納を念頭に置いておくことが、住み始めてからの課題になると思います。