脱衣所に収納がない。注文住宅での唯一と言っていい失敗かなと思います

脱衣所に収納がない。注文住宅での唯一と言っていい失敗かなと思います

脱衣所の収納がないので工夫して(千葉県30代女性・2012年に注文住宅)

もともとマイホームはほしいなという漠然とした思いは結婚した当初からずっとありました。

自分もずっと戸建てに住んでいて周りを気にすることのない生活っていいなぁと思っていたからです。

そして子供が出来て、その思いがより強くなっていよいよ行動に移していきましたね。

ハウスメーカーとの度重なる打ち合わせで、だんだんと自分たちの住みやすい間取りや使い易い配置などが見えてきた感じでした。

イメージも出来ていって、工事中も見学させて頂き、こんなお家に住むんだな~とワクワクしていました。

できあがりも素晴らしく、基本的には大満足です。

みんなのいろんなアイデアがあって、この家にはいいところがたくさんあります。

しかし、住み始めてすぐにこれは失敗だったのかも?と気がついた点が見えてきました。

 

それは脱衣所に収納スペースを作らなかったことなんです。

なんでここを気がつかなかったのだろう?と自分で自分を不思議に思いました。

たとえば、毎日使うタオルはお風呂から出てすぐに使えるような場所に置いておきたいし、スットクのタオルもキレイに見えないように収納したい。

なのにそれが出来ず、失敗した・・・と思いました。

作らなかったものは仕方が無いので、洗濯機と洗面所のわずかな隙間(20cmないくらいです)にぴったり合うようなキャスター付きの棚を購入して、そこにタオルを置いたりしています。

洗濯の洗剤は、見えてもオシャレなように全て容器を変えて、そこに置いておいても違和感ないように工夫しました。

あと細々したものとかは洗面所の下の収納などを活用しています。

理想は見えない収納が良かったけれど、これはこれでアリかな?と思うようにもなりました。

収納スペースがなければ、自分たちで工夫して作るなり、他の場所で保管するなどいろいろやり方はあると思います。

 

家は3回建てないと満足しない!なんていう言葉がありますね。

人生においてそんなに家を建てることは出来ないので、今あるお家を工夫して自分たちの住みやすい環境にしていくのが正解かなと思います。

新築戸建の仲介手数料は無料にできる!?

4,500万円の物件では約155万円かかる仲介手数料。

仲介手数料無料で新築戸建(建売住宅)を購入するための知識を解説!

誰でも実行可能です!