新築マイホームに住んで気づいた風が強くて洗濯物が干せない!対策はサンルーム増設で価格はなかなかのものに(泣)

風が強くて洗濯物が干せない…

風が強くて洗濯物が干せない…(大阪府30代男性・2017年に注文住宅)

元々祖父が住んでいた家にそのまま移り住み約3年。

築50年の家で隙間風がひどく窓も少なくて暗い、耐震も大丈夫なの?ということで妻と相談し建て替えを決意しました。

その年の9月には長男を出産予定でしたのでその事も後押しされました。

さて時は経て我ら家族の新築は出来上がりいざ住んでみた結果の思わぬ失敗談です。

 

私たち夫婦は収納に強いこだわりがあり、とにかく細かなスペースにも収納を取りました。

その結果ベランダは飾り程度の大きさとなったのですが裏庭があったので洗濯物はそこでいいかーの考えでした。

ところがどっこい裏庭は崖の頂上のような場所に面しているのですがとにかく風が強いのです。

前の家の時は高い塀があったので気付かなかったのですが、今回はオープン気味の塀にしたところ日によっては竿が倒れてしまうくらいの風の勢いがありました。

裏庭では洗濯物を干すのは不可能だと思いベランダへ…ではもちろん駄目です。

先ほども言った通り余りにも洗濯物を干すにしては広さがなくそもそも竿を立てれない状態でした。

なら玄関側の駐車スペースへ、とも思ったのですが玄関側は人通りも多く妻が嫌がったのでいよいよ八方塞がり。

玄関側が東向き、裏庭が西向きなのですが南向きには狭い感覚で隣の家が建っています。

妻とこれは困った事になったぞと色々調べた結果サンルームというものに辿り着きました。

言わばガラス張りのような部屋を家の外に増設してしまおうというものです。

これであれば洗濯物は乾かす事が出来ますし風を防ぐ事も出来ます。ただ価格はなかなかのものでした。

ベランダさえ広く取っていればと凄く後悔しました。

 

家を購入する際大体イメージするのは室内での生活イメージではないでしょうか。

くつろぎ方であったりリビングからの家事動線であったり。

洗濯にしても動線と干す場所さえ確保出来ていればとつい安心しがちなものです。

ただ今回この件で思った事は、住宅を建築する際は既存の土地であれ新規の土地であれ頭の中のイメージだけでなく、しっかり現地を目で体で確認するべきだと思いました。

今回の風の強さもそうですが日照時間や騒音、近くの用水路が思ったよりうるさいなんて意見も周りで聞いた事があります。

失敗の先輩として現地を何度か確認するべきですというのを最後に伝えさせて頂きます。